イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「さあな、それは分からない。だがトルカザは母親を探したいのかも知れないな。自分の命が狙われたことより、母親に会いたい気持ちの方が強いんだ。だから、国を治めるなんて、はじめから考えちゃいない。けれど、アルナスを推す人々には、そんなトルカザの行動が、理解出来ないんだろうな」

二人の王子は、それぞれ父アルカザから、違う才能を受け継いだ。

アルナスは、大らかな心と明晰な頭脳を。

弟トルカザは、行動力と、敏捷な体を受け継いだ。

しかし、王となるのは一人だけだ。

互いを認め合う兄弟をよそにして、彼らの後ろにいる者達は、どんな考えを持つのだろう。

「お前は、どっちがいいと思う?」

「今すぐならアルナスがいいだろうな。彼はとても強い心を持っている。それに、一人だけですべてを成そうとは思ってないようだ。トルカザを必要としてる。兄として、もしかしたら、王としてもね」

同じ意見だった。

トルカザは、まだ子供で無鉄砲だし、自分の事情が優先しているように見えた。

それは、旅人の考えとしては正しかった。

しかし、本当のトルカザは、もっと強く、重い覚
悟をだいて生きていた。


「どっちにしても、深入りは、これまでにしておこう。僕達は、旅を続けなきゃならない」

「そうだな。試合が勝ちでも負けでも、後ろは向かないよ。翌日には旅を再開する」

こんなに俺の事を心配してくれる親友の表情は、やはり少し暗かった。

「スープを飲んだら、ずいぶん顔色が良くなった。良かったよ。安心した」

「これが運命の旅をするってことなのかな」

「あぁ、楽しいだけの旅なんて、聞いたことがない。予想出来ない事が起こるのがこの旅さ」

ネストは、もう少し運動すると言って、庭の中程まで歩いて行った。

入れ違うように、アルナスとトルカザが、俺の元にやって来た。


「どうしたの?迷惑そうな顔していたのに。試合をしてみたくなった?しかも兄さんじゃなく僕と?」

「王子が剣士だからさ。ネストは、剣が得意じゃないんだ。俺は、ネストが負けるところを見たく無い、それだけのこと。それに、いろいろと世話になったから、俺も剣で答えたい、そう思ったのさ」

「ふうん。ネストの武器は何なの?」

「投げ斧だ。騎馬隊や盾を撃ち破る武器だ。必殺の武器だから、試合には向かないのさ」
49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ