イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「なら、明後日にしよう。とにかく、剣士の相手は俺がする。お前は、アルナスとやるのが相応だと思わないか?アルナスは、トルカザの付き合いだ。いい兄貴じゃないか。お前は、俺のとばっちりだ。アルナスとやるのがふさわしいよ」

「君って奴は、ほんとに面倒な奴だな。放っておけば、明後日には出発出来るのに。試合がしたいのか?」

俺は、正直に言う方がいいと信じて、お前に借りを作りたくないんだと素直に話した。

「本当は、もっと大事になりそうだったんだ。俺の働きは、試合じゃ返せないぞ」

ネストは、楽しそうに、文句を言った。

「好きにしろよ。急いでるのも、苦しいのも君なんだ」

「ありがとう。この借りは返せそうもない。試合が済んだらすっぱり忘れてくれ」

俺は、素直な気持ちを言ったつもりだが、ネストは、楽しそうに笑っていた。

ネストとの話しが終わった頃、大きな部屋の扉が叩かれ、スープを持った花売りが入って来た。

「バルサン様、お待たせ致しました。ずいぶん顔色が良くなられましたね」

「偽物の宿屋を教えてくれてありがとうよ。しばらく世話になるぜ」

「どうかお許しを。あなた様と同様、主人を持つ身でございます」

真面目な顔で、花売りはそんな事を言う。

花売りの彼は、トルカザの事を、宝のように思っているらしい。

「花売りよ!主人に伝えてくれ。明後日、試合の相手は俺がする。友のネストは投げ斧の達人なんだ。剣は携えているだけ。そんなのを相手にしても面白くなかろう」

「やるつもりなんですか?試合などない方がいいに決まっているじゃありませんか」

「やるよ。世話をかけた恩は返すさ。彼がどうしてこんな事をしたいのかは分からないけど、真剣勝負じゃない。自分がどれくらいか知りたいんだろ」

バルサンは、だんだんと冷静さを取り戻し、トルカザとアルナスの関係にも目がいくようになって来た。

強く結ばれた二人の心をよそに、よからぬ事を考える奴はいるものだ。

似ていないことを理由にされるのは、二人にとっては、大きな苦痛だろう。

「なぁ花売りさん、二人の王子はどちらが王に似てるんだ?」

「お二人とも、お母様に似ていらっしゃると思います。お考えの通り、トルカザ様は、王妃様の御子ではございません」

花売りは、鋭い目で、俺の目の中を覗いた。
47
最初 前へ 44454647484950 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ