イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット

「それはそうですが…」

「だったら、正しい反応。私の望み通りの反応だよ。君達は確かにとても強いけど、でもまだ君達二人より、私の方が強い。それにどうして私が二人の試験官に選ばれたか考えてみなさい。君達に技を教えたのは誰?君達の癖を知ってるのは?それに君達は、今日が試練の日と言うことも知らなかった。それで君達が勝てるわけがない。違うかい?」

先生は、なんの他意も持ってはいなかった。

俺は始めて安堵した。

「先生…ありがとうございます。俺達合格したんですね…」

いつもなら俺の肩をポンと叩く先生は、俺達の頭の瘤に気を遣って、肩に静かに手を置いた。

「ところで、歩けそうか?鎧はもうキサが届けてくれてるし、大剣は、ラザが背負ってくれる。泊まるなら、私は歓迎するけどね?」

「先生。もし迷惑でなかったら、もう少し話しを聞いてくれませんか」

「そう?私は構わないよ。ラザには剣だけ持って帰ってもらうか」


「父と母の話しを聞いたら、なんだか先生の事が聞いてみたくなったんです」

俺がそう言うと、先生の顔が、一瞬曇った気がした。

しかし、振り返った先生はいつもの表情だったから、俺はさして気にとめず、水に手を伸ばした。

「喉が乾いたろう。少しうなされてたから、でも、もう心配いらないな」

先生は、ラザに帰ってもらうからと言って、部屋を出た。

しばらくすると、大剣を背負ったラザが窓から顔を出した。

「元気そうだな。俺はそろそろ帰るよ。剣は手入れしておくから、安心しろ。旅立ちおめでとう」

「ありがとう兄さん。瘤が痛いけど、もう何ともない。今日はいい機会だから、先生と話そうと思ってさ」

「そうか。父さんもすごく喜んでるよ。母さんも、ニキも、ご馳走作るって、張り切ってる、なんだか、俺の時より盛り上がってるぜ」

「兄さんひがんでるの?なんといってもニキが増えたんだ。賑やかになって当たり前でしょ?」

俺達は笑いあった。

「じゃあな。明日は独りで大丈夫だろ?もし調子が悪い時は知らせてくれるってことだから」

「あぁ、大丈夫だよ。まるっきり油断してた。兄さんもそうだったの?」

「まぁな。すごく悩んだよ。今年は無理なのかなってさ」

「ふぅん…聞かせてよ」

「家でな!早く帰れよ!俺はもういないだろうけど。みんな待ってる」

30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ