イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「先生、俺達に王宮で門番の仕事が決まった時の事覚えていますか?リザンと一緒に、夜の番の真似事をさせてもらいましたよね?少し緊張したけれど、リザンと二人、とても楽しかったのを覚えています。あの時の俺なら、リザンの出世を単純に喜んだろうと思うのです。俺は、いつの間にか、リザンの出世をねたんでいました。周りの人達には、その事が伝わっていたんですね。俺の花嫁を守ってくれた人なのに。その人を妬むなんて、本当に恥ずかしい」

ラザは、先生や、ラキリス様の本当の目的にたどりついて、また肩を落とした。

「君は、それにリザンも、王から見たら、大切な子供なんだよ。この国の未来だ。誰だってそうだ。友達の出世は羨ましくて、妬ましいものさ、親しければ親しいほどね」


先生の言葉は、正しいけど、実際はもう少し複雑だ。


リザンとは、今も不仲な訳じゃないし、むしろ尊敬しているんだ。


でも、職場が変わって会う機会が減って、自然と距離が出来てしまった。

春の宴の時、久しぶりに会ったリザンがあまりにも輝いていて、自分の方から彼を避けたのだ。

リザンは寂しそうな顔をしてたっけ。

俺達は本当に強く結ばれているのに。



「先生…本当に子供で恥ずかしい。ジルザが旅立ったら、リザンと二人、何かしたいな。二人とも苦手な、刺剣の稽古でもするか…」

「君が、楽しそうに話をしてくれるの、久しぶり。先生は嬉しいよ。ジルザと話してくる。強く頭を打ったから。キサは、すぐ目を覚ましたけど、少し心配だから」

「分かりました。ここで待ってます。あいつは石頭だから、大丈夫だと思いますけど」

タンカミは、ひとまずラザの笑顔に安心して、居室を出た。

ジルザは、元気にしているだろうか。

少し心配だった。

二人とも、父親譲りで、心が繊細なのだ。

すべて考慮して、臨んだ試練の日だったが、若い戦士にとっては、過酷だったはずだ。

鎧をつけた親友の姿がジルザにもたらしたのは、なんだったのか。

戦士としての殺気をジルザは私に向けて来た。

だから、剣を合わす事なく避けられたのかも知れない。

私は、危ないと思って避けたのだ。

ジルザの心に、傷が残っていないといいんだが。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ