イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
キサの体からは、冷たい汗が流れていた。

「しっかりしろよ。お前なら、十分相手になる。勝たなくていいんだ。頭を使え、後ろに回るんだ。先生は、俺達が後ろをとるなんて考えてないからな」

「作戦を、簡単に口にしていいのか?俺とやるつもりだったんだろ?」

「お前とは、真っ向勝負に変更だ。作戦なんかいくらだってあるさ」

「やってみる。勝っているのは、体が小さい事くらいだからな」

俺の鎧は、やはりかなり小さかった。

しかし、きついのも感じないくらいキサは緊張している。


「準備はいいか?キサ、中央へ。ジルザは、しばらくそこで待て」

先生は、大人の中に入っても大男だ。

少年が相手なら、その差はあまりにも大きかった。

俺は、キサの緊張を和らげてやりたくて、話しかけた。

「ミナを覚えてるか?俺は、勇者の塔で悪い事をしようと思った事があるんだ。実際には、突き飛ばされたけど。その時、偶然見つけたんだ。親父の名前。王の騎馬像があるだろ?あの像のスケットの裏に彫ってあった。こんな時変だけど、俺も同じ気持ちでいるよ。キサ、俺が後ろにいる。お前が負けても、俺がいるから。だからお前は、好きなようにやれよ。もしうまくいかなくても、俺がいる」

「おい、ジルザ、それで慰めてるつもりか?なんだか、俺はさっぱり役に立たないと、言われてる気がするぜ」

キサは、ため息をつき、少し笑ってくれた。

俺は、満足して、笑い返した。

「それにしても、君が、ミナに、そんな事をするなんて、驚きだった。あいつ、君のこと好きだったのに、なんで帰っちゃったのかな」

キサは後ろ向きで、そんな事を言い残し、先生の前に進んだ。

ミナが俺を好きだった、俺の耳にその言葉が響き渡った。

けれど、稽古が始まろうとしていて、俺は、ミナの顔を思い出すことが出来なかった。



少し離れたここからでも、分かるほど、彼は震えていた。

俺は、なんだか、代わって遣りたいような、変な気持ちで、キサの背中を見つめた。

始めるぞ。

という声が聞こえたとき、俺の中では、完全に先生は悪者だった。

俺は、後先を考えずに、キサを応援した。

「キサ、お楽しみの始まりだ。お前の方が先生だと思え」

キサは、面白がってくれたらしく、硬さを吹き飛ばして、動き始めた。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ