イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「そうか。あいつの目的は、私の命ではないからな。私を、惨めな男にさせることだから。ハル・サンすら利用されたのかも知れない。だから、血縁のない兵士達に、危害は加えまい。ただ、水や食事の持ち合わせを考えると、明日には見つける必要がある」



「北の塔か。カズと二人で良く入れられたな……。イーデ彼の縄を解いてやれ。その後、二人で食事だ。イナスは私に付け。後の者は宮殿の窓と暖炉の点検。リリアの部屋はリンとタグ御爺にまかせ、確認したら窓の外に二人、扉に二人だ。人選は任せる。では動け」


シス様が話を始めると、騎士達は、皆、いつの間にか跪いた。


そして、動けと言う号令が出ると、足音なく部屋から出て行った。


イナスと呼ばれたのは、副長だった。






「ケイ、食堂に行こう。食堂っていっても、街のとは一味違う。シス様には、何か考えが有るのかも知れない。でも、僕たちは、今日はお開き、おとなしくしていよう」



「考えって?」


「イナス様はシス様の腹心だ。この宮殿のすべてを知っている。今はレブ様が伏しているからな」


「レブ様って言うのは、リリア様の婚約者と噂のある方ですね?キキ様を守った英雄だ」


「さあ、飯にしよう。仲間がひもじい思いをしている時に、かわいそうだが、お前まで精気をなくしては元も子もない」


「シス様は、ソナ・サンを良く知っているみたいだな」


「ああ。クス家と並び、ラスカニアを支える双璧。ソナは嫡男ではないが、シス様と年が近いからな。自分の武器を選ぶ前、二人は仲良く剣の稽古をする仲だった」


「うちみたいな家とは、背負う物が違うんだな…。それにしたって、酷い話だ。もし、友達にそんな風に思われたら、どんなに強い男だって、折れてしまう」


「シス様は、大丈夫だよ。あの方の周りには、光が集まっている。神から授かった力だろうな。暗殺剣を修得する前は、ソナも、そんな人だったと聞いているが」


暗くて、冷たい雲、それが今のソナ・サンの印象だった。


皆いつの間にか、ごく自然な成り行きで暗殺の実行者を遠ざけた。


嵐の渦は、ソナのなかで、大きく膨らんだのだ。








「イナス、下を照らせ。よし、私が入ったら扉をしめよ。お前はあの部屋で待て。戻ったら知らせる」


229
最初 前へ 226227228229230231232 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ