イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
先に歩く二人が言葉を交わした。



「大丈夫ですよ!初めての事じゃない、私は帰りませんし」



長い緊張の中での、久しぶりの会話だった。


大隊での警備は、頻繁にあることではないし、宮殿の大きさも、城ほどではない。


隣国に出兵していった隊が羨ましいと、皆思い始めていた。



そんな時、宮殿の中から顔に包帯をした近衛兵が追いかけて来た。


「ケイ・シムはいるか?すぐ帰宅せよと、シス様よりのご伝言だ」


「私です」


「母君が病気だそうたな。大隊長からの進言があったそうだ」



「いえ、私は、そんなつもりはありません。母も私が仕事を置いて帰る事を喜びません」


「そう固く考える事もない。警備は、これから徐々に縮小されて行くんだから。首謀者の数人が見つからないらしいが、彼らの家族や兵士達は、すでに抑えたらしいから」


「そうか…。君はどこの所属だ?見かけない顔だが、シス様の近くにいるせいか、ずいぶん詳しいな」


「シス様と隊長達の話が、自然に聞こえてしまっただけです。私は、第三近衛隊のリュウ・メニ。英雄の孫なのに、競技会ではやられてしまいました」



「メニ隊長のお孫さん?流石にたいした豪傑だな!いったい何人のお子さんがいるのやら?いや、失礼」



「わかりました。シムは必ず帰します。大隊長には、私からお礼を申しておきますので。シス様には、ありがとうございますとお伝え下さい。伝令ありがとう」




またしても、僅かな違和感が生まれた。




メニ家は貴族だから、競技会中、会わなくて当然だが、その他にも何かが引っかかった。



しかし、宮殿の中にリュウの姿が消えてしまうと、新たに生まれた違和感も、頭の隅に追いやられた。



「さぁ、早く帰れ。気遣いはいらないぞ。解散になったら、帰りにお見舞いによる」


「ありがとうございます。大隊長には、日を改めて、挨拶に伺います」






走り去るケイの背中には、やはり不安が張り付いていた。


「ソナが見つからないとは、厄介だな。1対1では、おそらくわたしでもかなわない」


「小隊長がかなわないんじゃ、俺はひとたまりもないな。それに、サン家は、毒薬の専科じゃないですか。もう二人も犠牲になっている」


212
最初 前へ 209210211212213214215 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ