イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
タグ大爺様、良く来てくれたね。


そろそろ僕も限界だったんだ。


さあ、兵士を陣から放してよ。


旨く化けるからさ…





「しつこい爺だ。シス様に取り次げ」


「シス様の返事が否なら諦めてかえるんだぞ」


「はい、ありがとうございます」









「老いぼれ。シス様がお会いになるそうだ。こっちへ」


タグは三人の兵士と共に、宮殿の中に消えた。







「長老タグ。良く来てくれた。二人の様子を見てやってくれ。意識はあるが、発熱している」


「この薬、たとえ効かなくとも、時間は稼げる。この毒は症状は激しいが、毒性はよわいはず」



「レブよ、良く王妃様をお守りしたな。薬を持って来たぞ」


レブの傷は、化膿し始めていたが、傷が浅いため、命に関わる事はなさそうだった。


もう一人の若者の傷は、骨に達するもので、悪くすれば、指を諦めなくてはならない程だ。


しかし、幸い、毒は指で止まっていた。


意識が朦朧としているのは、毒でやられたことへの精神的ショックだろう。



「俺より、ゾルジを先に見てやって。俺を助けようとして、深い傷を…」


「そうか。先に彼の傷に薬を塗ろう」



毒で色の変わった境目に少し傷をつけて、そこに薬をたらす、旨くすれば毒は中和され、肉は新たに生まれかわるはず。


同時に氷室から持ってきた氷で、体温を下げる。

同じ治療をレブの傷にも施して行く。


しばらく経つと、二人とも、傷を痛がり始めた。


「どうやら、効いたようじゃ。痛み止めの薬は、1日に二回までにするんじゃぞ。二人ともまだ若い。なくした肉は再生するじゃろう」


「なくした肉?」


「痺れているうちに、少し剥ぎ取った。彼は、薬指をなくした。氷で冷やしながら、再生を待つ」


「指を…」


「大丈夫じゃ、剣は握れる。かえって、きれいに毒が抜けて、お前より治りが早い。骨は怖いからな」



「どう詫びればいいでしょう?私の考えが浅かったばかりに」



「お前を思いしたことを、彼は後悔はすまい。剣士なら、剣をまた握れる事を幸いと思うのじゃないか?」


「ですが、深い友情を持っていたわけじゃない」

210
最初 前へ 207208209210211212213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ