イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
サン家の司るのは、刺剣と毒。


その剣と毒が現政権を狙った事は、サンの一族にとっては、死を暗示する事件だ。


ましてや、王に付き従う者にとっては、寝耳に水であった。


毒には、対をなす解毒の方法がある事が多い。


レブとゾルジの体内に入った植物毒にも、有るはず。


サン家の長老、タグ・サンは、すぐに王を訪ね、二人を襲った毒を手にした。


「我が命にかえて、解毒の方法は必ずみつけまする。どうか、サンの行く末に光を」


タグは、短剣で、自らの腕を切り、毒が何かを知った。


「兄弟よ。二人の命が助かったあかつきには、謹慎に甘んじているサン一族の処遇は、お前に任せる。約束しよう」


「必ずや、お助けしよう。寛大なお心は、このラスカニア一番の宝。答えてみせまする」


「老長の助けを借りる事になろうとは。許してくれ」


「夜は必ず終わらせなければ。この老いぼれが、力を貸せるなど、思いもよらぬ事、覚悟は出来ておりまする」



「その傷、必ず治してくれ、頼むぞ」






タグは、流れる血の色や、傷の治らない様を見て、毒自体が、酸となり、肉を溶かしていると予想。




発酵する植物すべてを試すことにした。


果実酒、漬け物、干し肉の前段階。


その中に、二、三、変化のある物を見つけ出した。


「後は、酵素を増やすだけ。早くしなければ」


幸い暖かい季節。


タグは早速、酵素の一部を持ち、アダン家を訪れた。









「どうかお取り次ぎを。この薬を、お二人の傷に試させて下さい」



宮殿を固めているのは、最上級の国軍であった。


サンの長老であるタグの顔を皆知っていて、切りかからんばかりの形相であった。



「サンの者がなに用か」

「この薬で、解毒が出来まする。シス様にお取り次ぎを」


「サンの者は、謹慎のはず。帰れ」


問答は、タグに対する嫌がらせだ。


しかし、タグは引き下がらない。



「この傷は、お二人と同じ短剣でつけた傷。それが直り初めておりまする。どうかお取り次ぎを」


「どこまで信じて良いのやら。薬とやらを、貴様の傷につけてみよ」



「はい、儂の傷も初めは紫に腫れていた。しかし、ここまで治ったのです」


209
最初 前へ 206207208209210211212 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ