イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「シスを呼べ。すぐに解毒に長けた者を探させろ。それから、我が兄弟達も」


「陛下。シス様は、眠っています。どうしても助けたくて、私が眠らせました。妃殿下のお注ぎにになったニサ酒に」


「そうか。二人とも必ずたすける。戦いは中止だ。成果のあった者には、褒美を遣わす。皆でかかれ」


王の言葉に、兵士達は、素早く反応した。


サン家の血を引く者は多いが、王族席から遠く、しかも、継承権を放棄している者は、解決までの謹慎を言い渡され、そのまま帰された。


ミナさんと、ヤード氏もその中に入る。


その後多くは、属国であるアルカザンで見つかったが、女性や子供が多い。


従って、首謀者は、まだラスカニアにいることになる。


彼らは諦めてはいないのだ。


傷を負った俺達は、東の宮殿、つまり、アダン家に運ばれた。


牛の乳を搾る吸い出しで、レブの傷から血が吸い出され、一時的に、毒の広がりは、抑えられた。

しかし、俺の負った傷は思うより深く、腕の内側に向かって、毒が広がりはじめた。


そして、すでに右手は痺れ始め、皮膚に触れても、感覚がはっきりしなかった。




「これは植物毒だから、解熱剤も植物である可能性があるんです。とりあえず、いろいろ試してみましょう。お茶でも、時間稼ぎが出来るかもしれません」


「当てずっぽうでも、見つからないとも限らない。いろいろやって見よう」


俺達は、いくつもの薬草をお茶にしてもらい、試してみた。

しかし、毒は、少しずつ広がる。


夜が明け、シスが戻ったころには、俺達は、寝台から起き上がれなくなっていた。






「酷いわ、リヤド。二人に会わせてよ」


「いけません。まだ狙われているかも知れません。族がうろついている可能性があるんです」


「リリア。目鼻がついたら会わせてやる。それまでは、リヤドと一緒にいるんだ」


「お兄様。こんな事酷いわ。二人とも、毒に苦しんでいるのよ。せめて看病させて」


「サンの中にも味方はある。解毒は出来るはずだ。彼らの願いはお前が無事でいることだ。今は大人しくしていろ」



厩に潜む影に、シスは気づいてはいなかったが、王の遣わした兵士達に、堅く守られていた。


サン家の者のうち、多くは、この状況に驚いた。

208
最初 前へ 205206207208209210211 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ