イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
気の強いリリアが、俺のはっきりしない態度に、怒らないわけはないから。


俺はすぐに行かなくてはならなくて、話は出来なかった。


しかし、さっきよりずっと近くでリリアを守れる。


俺は、見咎められないように大きく息を吐いた。


「緊張しなくていいの。国家の権力なんて、いつも狙われているもの。それでも何にも起きないものよ」


「キキ様、狙われてるなんて、そんな事平気な顔で言わないでください」

キキ様は、またにこりと微笑み、前を向いた。










「お兄様、今なんて?お兄様に斬りつけた暗殺者がレブだっていうの?」


「レブは、彼が暗殺者でいることで、私を守ってくれているんだ。大切なのは、暗殺者が本当に狙っているのがこの国の権力だと言うことだ」


「この国の権力?」


「リリア、相手の目星はついたが、確たる証拠はまだない。だから、覚悟が必要だ。試合が終わったら、お前にはレブをつける。私がどうなっても、レブを信じてついて行け」


「敵は誰?私にも教えて頂戴」


「また何も教えてくれないつもり?」




「違う。兄さんは、勝つ自信が有るんだよ。お前に言えば、レブだけでは守れない」


「そんなの嫌。ゾルジの事だって、あんな事言っていたなんて。彼は味方になってくれるのに」



「まだ目星がついただけなんだ。私は、死んだ振りをする。思い切り悲しむんだぞ。言いたくなかったが、お前の協力が必要なんだ」


「死んだ振り?そんな事が通じる相手?」


「暗殺者がレブでなければ通じないさ。でも、相手は、レブを手駒だと思っているんだ」


「レブは、命をかけて、私を守っている。いい奴なんだ。きっとお前を幸せにしてくれる」


「どんな事があっても、レブを助けるわ。宮殿の事教えてくれて、私のいたずらも代わりに叱られてくれたわ。それに、誰がレブの事好きかも知ってる。彼は、一番大切な友達だわ」


「いつまでも一緒に、二人で幸せになればいいさ」


「ゾルジの叫びを聞いた時、私心が震えたの。まるで、子供が母親を求めるような声だったわ。彼は、レブみたいに強くない。私が守ってあげたいの」


レブだって強くはない。

強くなんかないんだぞ。


しかし、声にはしなかった。

これは二人の問題だから。
203
最初 前へ 200201202203204205206 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ