イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
正しい道はいつも、厳しくて辛いものだ。


それでも、それが成った時は、かえって揺るぎない物になる。


そうなるまで、頑張れるのかが鍵だ。


まずは、キキ様に強固な守りをつける。


そして、レブと話をする、敵に悟られないように。


レブは一番狙われ、疑いがかかる立場である。


しかし、私がうまくやれば、強力な切り札となる。


対戦の時が、唯一のチャンス。


レブは、私を殺せと命を受けているに違いない。






「今年の晩餐会は、アダン家の主催です。ゾルジ、あなたも出席なさい。そして、リリアとも、レブとも良くお話なさい。心置きなくね」


「ありがとうございます。競技会では勝ち抜けなかった。ですから、今年は、花嫁を連れて帰るのはあきらめます。でも、気持ちを伝える事は出来る。それは、ちゃんとするべきだと思います」


「どんな事でも、ライバルがいると言うのは、幸運なことなの。三人で楽しい話をね」


「ありがとうございます。私もそう思います。レブがいなければ、リリア姫への気持ちも、自覚出来なかった。競技会で頑張れたのも、彼のおかげです」


「ゾルジ、では、次は晩餐会でね。そろそろ戻りましょうか。今度は大剣の優勝者が決まるわね」






刺剣の試合が待ち遠しい。

今日でお別れだ、お優しいお兄様。


そして、貧国から来たお姫様。


カザルスだけは、殺したら怒られそうだからな…


「王妃キキ様。お話は尽きないでしょう?ゾルジをおそばにつけましょう。刺剣ではないが、自分の武器も持っているようだし、臨時の近衛です」


「あなたの父君を思い出すわ。その柔らかい対処の仕方。私の一番大切な家臣だった。今度はあなたがそうなってくれるのね」


「父のようになりたい。そう願います。きっと喜んでくださる。いつもそう思っています」


「ゾルジ、私の手をとって、ソナの後に続いて。今のイルバシットの話を聞かせて」


いきなり、キキ様の話し相手を命じられて、俺はかたくなった。


もっとかっこ良く決めたいけど、まだ子供なんだ。


リリアの方をチラッと見ると、シスの話を聞いて驚くリリアの顔が見えた。


俺と目が合うと、すぐにこりとしたけど、その微笑みがかえって不自然だ。
202
最初 前へ 199200201202203204205 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ