イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「本当は、ゾラ・ザードと二人旅をするはずでした」


「そうね。弟からの手紙には、ゾラの看病の甲斐があって、持ち直したと書いてあったわよ」


「そうですか!良かった」


俺は無意識に顔を上げた。


王妃様のお腹がふっくらとして、命の誕生を待っている事が、はっきり見てとれた。


「キキ様、おめでとうございます。いつお生まれに」


「秋の初めに産まれるわ。マーキスにはまだ知らせてないから、あなたに、この手紙を託すわ。無事に届けてね」


「はい!」


俺は、手を出したまま、ぶるぶる震えた。


「まだ姫か、王子か、分からないわ。マーキスには分かってから知らせようと思っていたのよ」


「マーキスは、後はシエラかザードに譲るつもりだけれど、諦めた時、命を授かる事もあるわ」


「この手紙には、そんなわたくしの考えも書いてあるのよ。弟には、通じないかも知れないけれどね」


キキ様は、すでにイルバシットの姫君ではなく、ラスカニアの王妃に見えた。


「ゾルジ、どの家もこの時期は、娘をどこかへ隠すのが習わしだそうよ。若い娘さんには会えたかしら」



「競技会に出るのが楽しみで、会話はおろか、探す事も出来ませんでした」


「それは残念だけれど、諦めるのは早いわ。あなたを応援する声の中には、女の子の声も混じっていたもの。晩餐会には、あなたを応援していた娘さんが来るかもしれないわ」


「そうでしょうか。頑張って、優勝したら、花嫁も見つかるかなと思ったんですが、あっけなく負けて仕舞いました。見知らぬ相手との試合で、すごく疲れたし」


「シスの作戦に引っかかってしまったのですってね。でもきっと昨日よりも強くなったはずよ」



「ありがとうございます。こんな風に、お言葉が頂けるなんて、思っていませんでした」


「私のふるさとの宝ですもの。若者に会うといつも思うのよ!やはり、若さって宝物だってね。あなたは、思った通りに、手紙を託すに足りる清らかな子供だったわ」


「キキ様なんと答えたらいいんでしょう。私にマーキス王へのお遣いがつとまるでしょうか?」


目の端に、リリアの顔が移る。


俺の心臓は、敏感に反応する。


197
最初 前へ 194195196197198199200 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ