イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「そんな顔をしなくても私は大丈夫よ。心配なのは、あなただわ」


「俺の何が心配?俺はただ競技会に出場しただけだ」


「ご案内しても?そろそろお時間です」


「お願いするわ。それじゃ、謁見の間でね。謁見の間では、王妃キキ様と、あなたが主役よ」


「えっ?主役って…」


「では、参りましょう。こちらです」


「話したいことを話せばいいわ。私と話したように、マキやミナと話したように、落ち着いて。私も、兄もお供するわ」


「試合と同じくらい、緊張する。少し緑かかった、赤い髪の王女様だった。それ位しか分からないんだが」


「それで十分よ。あなたが話題を提供しなくても、王妃様はきっと黙ってはいないわ」


「じゃあ謁見させてもらうよ。本当に緊張する」


ソナさんに案内され、入った部屋には、玉座が置かれ、跪く為の敷物が敷かれていた。



あなたの思い通りにはならないって、リリアは言っていた。


素直に想像するなら、リリアに求婚したって言うことだ。


王女だって言うことにおそれをなして、求婚さえ出来ないなんて、なんて情けない奴なんだろうか。




俺は、跪いていることを良いことに、下を向いた。


「こちらで待っていて下さい。王妃様をお連れします」


ソナさんは、入って来たのとは反対側の扉から出て行った。


俺は跪いたまま、シスでもリリアでもいいから、誰か助けてくれと、願っていた。


「シス、あなたはどうやって勝ったの?最初は、少年の方が有利だったのに」


「はい、私は王子だと言って脅かしたのです。ひるんだ所を、攻めました」


「まぁ、あなたがそんな戦法を使うなんて、少し意外な気がするわ。でも、最後までねをあげずによく戦ったわ。去年は誰も参加者がいなくて寂しかった。あなたは、刺剣の使い手、西の門番、ゾルジ・バナーね」


「はい、王妃様。西の門番て、どうして、そんなことまで?」


「もちろん今年はどんな子供達がトルキをもらったのか、旅立ちが決まったら、名前と職場を教えてもらうのよ、弟にね」


「マーキス王から手紙が!」


「そうよ!マーキスがイルバシットの王で、私がラスカニアの王妃である限り、このやり取りは続くでしょうね!」


196
最初 前へ 193194195196197198199 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ