イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
逃げ出すなら今だよ…。

これ以上首を突っ込むなら、容赦はしないよ!





僕は、暗殺剣の達人、ソナ・サンだからね。


デルタって言うのは、母の旧姓。


君みたいに甘い兵士にはあった事がないよ。









「ソナったら!すぐに知らせてって言ったのに」


目の前には、きらきらとしたドレスのリリアがいた。


「クスタリリア。これは申し訳ありませんでした。休憩時間に、ご案内をと思っていたものですから」


「その呼び方はお断りしたはずよソナ。私はアダンのものだわ」


なんだか、リリアは、昨日より更に綺麗だ。


俺の心臓は、容赦なく高鳴った。


しかし、試合を戦ったせいで、初めから汗だくで、息も静まったばかりだった。


だから、二人には、俺の心の中の乱れは見えなかったと思う。



「あなたも、声くらい掛けなさいよ!全く、刺剣は片手間の兄に負けるし!」


「…」


「クスタリリア。あまりにお綺麗だから、きっと躊躇われたのでしょう。そんなに言ってはかわいそうです」


ソナと話すリリアの目には、なんだかけんがある。


俺はそう感じた。



「クス家の姫君とお呼びするのがお気に召しませんか?」


「あなたの思う通りにはならないって言うことだわ」


「ひどいな。僕は何も考えてやしませんよ」



二人の言い合いは、俺がいなければ、続いたのかも知れない。



しかし、二人とも俺の方をちらちら見ながら、矛をおさめた。



「もうすぐ休憩時間よ、競技会にイルバシットの戦士さんが出場した時の習いで、王妃様との謁見があるの。キキ様が心配するから、余計な事は言わないでね」


「分かりました」


「余計な事とは、なんだか意味深長ですね。さすがに、王族でなくては言えない言葉だ」


「あなたは黙っていて」


したり顔もそこそこに、ソナさんは、振り向いたリヤドさんに跪いた。


ソナさんの声が聞こえるようだ、召使いにも上下が有るんです、彼に睨まれたら怖いですからね。



すでに、競技場にいた兵士は引き揚げ、五つ目まで終わったらしい的だけが残されている。


明らかに、手前の的に記された白い円の方が小さいのが、ここからでも見てとれた。

195
最初 前へ 192193194195196197198 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ