イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「僕ですか?そうですね。僕は本大会に向けて練習中です。この大会は、どちらかと言えば、王族の為のものですから」


「そう。まだ強い人達がいるって言うこと?」


「種目によります。あなたの刺剣は、そこそこ強い人達が出ています。最強の剣士はお休みですが、二番三番位の方々が出ていますからね」


「二番は?レブ?」


「彼はまだ、四番手位じゃないでしょうか。反対の山に、二番と三番の方がいますよ!」


「ところで、君の武器は?」


「僕は槍なんです。でも昔、槍の試合で重傷を負った兵士がいて、それ以来、槍は有りませんから。大剣か、刺剣か、弓かまだ迷っています。槍の先生は、刺剣にしろと言うのですが、僕は、弓がいいと思うんです」


「どの国でも、試合中の事故は有るんだなぁ。イルバシットでは、投げ斧が無いんだ」


「どちらにしろ、親しんだ武器を使っていない相手に負けるなんて、俺はやっぱりまだまだなんだな」



「君名前は?」


「私は、王家のめしつかいで、ソナ・デルタと申します。なんでもお申し付け下さい」


「それなら、一つお願いがあるんだ。リリア姫の近くで観戦したい」



「近衛兵の後ろ側になりますが、ご案内いたしましょう。可愛らしい姫君ですね」


「そうだね。ルイカの街に着いた時、話をする機会があったんだ」


「誰にもお優しい方です。幸運でしたね」


「この国の人々は、みんな優しくて、親切だよ。姫君だけじゃない」


ソナは、少し複雑な表情をしたが、それは、リリアの近くに、案内を頼んだせいと判断した。


しかし、本当の彼の心は、ゾルジの思うところとは少し違っていた。


イルバシットから姫君が来てから、彼らのような中級貴族の暮らしは、明らかに苦しくなった。




王妃を疎ましく思う訳じゃない。


彼女のもたらした改革がラスカニアを蘇らせるのだという事も分かっている。


しかし卑屈な考えが頭をもたげるのだ。


この人がいなかったら…


誰かを殺すわけじゃない。



だから、大したことじゃないさ。



ソナは、玉座に座る二人に、もう一度目をやった。



「着替えが終わったら、ご案内いたしましょう。休み時間には、きっとお話しが出来ますよ」


192
最初 前へ 189190191192193194195 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ