イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
相手の体勢が崩れた瞬間、レブの剣が動いた。


見事な刺剣づかい。


介添えの兵士がレブの勝利を示した。



本来、勝負のつきにくい刺剣の試合だが、レブはさすがに、息が乱れる前に終わらせた。


自分より上だという覚悟がいる。


彼から、挑戦を受けたのは、名誉と考えよう。


彼と戦いたければ、シスを破らなくてはならない。


気が遠くなるほど、頭に血が上る。


ゾラと初めて会った時みたいに、胸が躍った。



隣国を訪ねて、ライバルが見つかるなんて、とても幸せな事なんじゃないのか?


ライバルに対する少しの畏れと、戦える楽しみと、それでも拭い去れない疑惑のなかで、俺は何かを感じた。



昨日の声が、どこかで聞こえる。


抑揚がないから冷たく感じただけで、今耳に届いた声は、威厳に満ちていた。

勘違いか?

それにしては、似ている。

昨日の声が、余りに耳に残っているせいで、俺は居たたまれなくなった。

その声は風に乗り、王族席から聞こえていた。



かちを告げている声に間違いない。


威厳があり、良く通る。




一度聞いたら、忘れないあの声。


たとえ遠くても、血の絆で結ばれているのに、なぜそんな忌まわしい企てを。


俺は、ただ吹き出してくる汗に濡れるだけ。


それで終わるのか。


誰かが血を流しても、何も出来なかったとうなだれるだけでいいのか。



俺は、シスに伝える。


それだけを考えた。



次の試合の時には、必ずシスに会えるんだ。


王族席から離れた方で組まれていて欲しい。


それなら、少しくらい話をしても怪しまれる事もない。


幸い、リリアの後ろには召使いのリヤドがいる。


今の状態なら、危害を加えるのは無理。


休憩を取る時間までは安全と見て大丈夫だろう。


声の主の目安がついた分、いくらか防御がしやすいだろうか?


いや。この事を知るのが俺だけの内は、切っ先を突きつけられているのと同じだ。

186
最初 前へ 183184185186187188189 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ