イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
誰かと一緒なら、危険度は下がる。



状況から考えて、暗殺者はひとりだ。


あくまで、人の目に触れることなく、闇の世界ですますつもりだ。



ならば、二人でいることで、守られるかも知れない。


でも、やっぱりリリアに話すべきか?





「兄様だけじゃなかったんだわ」


「…。」


「兄様が、自分の剣で怪我をするなんてあり得ない。わかるでしょ?」



「君は知ってたのか…。朝、シスと少し話した。その時、リリアが何をしたかったか分かったよ。君は、シスを守ってくれる人を探してるんだろ?」



「………」




「俺は出来る限りの事をすると約束した。今はそれしか言えないけど、なんとなく、ザイルさんの気持ちが分かって来たよ。俺は、離れて暮らす事が裏切りだとは思わない」


「嫌な国、でも大切な祖国だわ。協力してくれる人を待っていたの。あなたが倒した戦士は私の友達よ。王女の私と対等に訓練を重ねてくれた大切な人。彼女。兄様。リヤドが力を貸してくれるわ。そして私も、あなたに一生を捧げるわ。どうか力を貸して」


「ちょっと待ってよ。一生を捧げるなんて!そんなんで君と過ごしたって、幸せになんか思えない!君の家が大変なら、いくらでも力を貸す!イルバシットの戦士としてだ。交換条件なんかいらない」






「あなた、要するに私が嫌いなのね?それならもういいわ、あなたには何にもあげない。私の為に、死ぬ気で働きなさい!」


「なんで怒るの?俺は、その、交換条件みたいなことは、嫌いなだけだ!」



「なんでもいいわ!とにかく明日は優勝なさい!」


リリアは急に怒り出し、ゾルジを馬車から放り出し去ってしまった。




なんで?ゾルジには、リリアの怒りの意味が分からない。


間違った事は言ったつもりはないし、第一、リリアの為に、このまま残ろうかとさえ思っているのに。


しかし、肝心の頼みごとをするのを忘れてしまったではないか。



俺のするべき事は、あの声の主を探す事だ。


それしかない。


あの特徴のある冷たい声の主を。


勝利への執着は、もう消え失せていた。



そして、また考える。


恨みを捨て、冷静に。


シスばかりか、リリアまでねらうのは、なぜなのか。

182
最初 前へ 179180181182183184185 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ