イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「そいつと会えなくなってもいいのか?」


シスは、真剣だけど優しい目をしている。


「国が違っても、会えなくはならないさ。友達ってそういうもんでしょ?国王との約束なんだよ。この旅は。でも、ラスカニアに残っても、イルバシットの為に働く事は出きると思うんだ」



「変わった奴だな。女のために、これまでの人生をなげうつのか?まぁ、どちらにしろ、私に負けるような奴には、リリアはやらんがな」



「俺は勝ち上がるよ。君の事も、リリアの事も、勝たなきゃ始まらないなら、俺は勝つ。そして、話をつけてやるさ」




「お前は、この国の王子と話をしてるんだぞ。たいした度胸だ。そこだけは誉めてやろう」


馬車は、わざと遠回りをしていたらしく、会話が途切れた頃、やっと競技場についた。




今までの会話は、明るい話題ではないのに、俺は、シスの本心に触れた気がして、嬉しかった。


シスとは馬が合う。


本当は、話しをするのも気を遣う立場の相手だけど、彼は真剣に相手をしてくれる。



シスが、すごく綺麗で強い事も、リリアがその妹っていうのも、俺にとっては頑張る力になる。


彼の家が、キキ様を守るためにしてくれた事にも、俺は心をうたれた。



「彼と戦いたい。すごくリリア姫の事が好きみたいだ。俺は、あの真剣さには負けた気がするんだ。でも、試合では負けない。気持ち良く、晩餐会に出たいから」



「レブと話をする機会があったのか?」


「昨日ね。ヤード氏に稽古をつけてもらった。こてんぱんにね。その時、見てたみたいで、お前には絶対負けないって言われた」



「そうか」



シスは、なんだか嬉しそうだった。




顔を晒したままであんな事。


訳があると言うことだ。


そう信じたい。



シスは、気持ちをぶちまけたいのを押し殺して、晴れ渡った空を見上げた。


レブと初めてあったのは、もう十年も前の冬の日暮れだった。


ぼろを着た、マキ売りの少年だ。


こわばった顔で、私を見ていた。


しかし実際は、私達がここを通ることを知っていたレブの待ち伏せだった。


彼は、いきなり弟子にして欲しいと言った。


そして、剣で稼ぎたいと、だだそう言ったのだった。

172
最初 前へ 169170171172173174175 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ