イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
レブって、自分で育てた弟子じゃないのか?


何でそんな事を言う。


俺は、混乱した。



「素晴らしい剣士だ。刺剣の新しい流派を興したばかりだし、乗りに乗っている。まあ頑張れ。戦う事になったらな」


結局からかいか?


俺はまたシスを睨みつけた。


「今日は国王ご夫妻と、多数王族が来場する。うちのリリアもな」


「もういい。俺は勝ち上がる。それだけだ」


シスは競技服だけを着て、落ち着き払っている。


何かが大きく動く時の、静けさを、その顔にたたえながら。



自分に嘘はつけないな。


私は、レブを疑ってはいない。


あの剣は、レブの物だ。

そしてあの男は、確かにレブだった。


それが現実なのに、彼を疑う事が出来ないでいる。


それが真実だ。


どんな訳があったって、重大な罪に違いないのに、私は、レブを罰する気にもなれない。


信じたい。


だから、彼の前にたつ。


静かな気持ちだ。







「ところでさ。その傷の事聞きたいっていったら、怒るかな?シスは、王族なんだよね。そして、リリアも。どうして右手に怪我をしたの?」


「…。そんな事聞いてどうする?困るのは、おまえだぞ。自分の剣が触れたんだ。そういうことになっている」


「ルイカの街に入ってすぐ、リリアから話しかけられたんだ。お姫様がどうしてあんな事言ったのか、いろいろ考えた。今分かったよ。リリアは、俺に、君を守って欲しいんだ」




「妹は、良く若い兵士をからかうんだ。父も母も弟も亡くして、寂しいんだよ。迷惑をかけたな。でも、我が身は、自分で何とかする。お前だってそうだろう?」



「俺が、旅先にラスカニアを選んだのも、田舎ではなく、城下のルイカを選んだのも、縁なんだよ。イルバシットにも、そんな言葉なかったけど、友達の花嫁が言ってたんだ。大きな力に導かれる事だって。戦いながら、考える。俺は、イルバシットを離れられるのかを。君の力になれるかを」


「運命の友のゾラなら、きっと即答だろうな」


「そいつはどうした?」


「母君が危篤になってしまって、看病してる。勇気も才気も並じゃない。すごいやつさ」


171
最初 前へ 168169170171172173174 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ