イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
そう言葉にしなかったのは、自分でも驚いたけど、多分、俺の母さんが、とても優しい人だからだ。


「悪かったな。とんだお節介だった。試合の相手は、強くはない。落ち着いてかかれば、負ける事はないさ」


昨日の、彼のしゃべり方が年寄りじみていたのは、この事を話すかどうかを、ザイルさん自身が迷っていたからに違いない。


炭屋のお婆ちゃんと言っても、孫は俺より十かそこら上なだけに見えたから。


俺は動揺してる。


このままじゃ負けるな…。


そう思った時、通りの方から、視線を感じた。



リリアが、そこにいたらと、バカな期待を持った。


しかし、そこには誰もいない。









あいつめ、余計な事を言ったものだな。


これでは、面白くない。

妹を託すには、ちゃんとした試練を与えなくては。


シスは、危険な視線の存在に気がついた時から、リリアを託す相手を探していた。



右手に負った傷を見る度、シスはその剣を握っていた相手が、レブのように思えてならなかった。

短剣である上、影の動きに特徴があったからだ。


勘違いに違いないと思おうとしても、それは、だんだんと確信に変わって行った。


どうして彼が自分を狙うのか、それすら想像もつかない今、シスも、刺剣の試合を選んだ。


どうか、自分の考えが、愚かな邪推であるように。


シスは、願っていた。









「おい。言い忘れていた。優勝者以外にも、四つの山の頂点に立てば、招待される。ラスカニアの剣士は、優勝者以外出てこないが、お前は外国人だからな。まぁ頑張れ。お前の山は、厄介だが、健闘を祈っている」



「厄介って?」


「私がいる」


「何でお前が出てるんだ!お前は槍じゃないのかよ!」


「たまには、他の武器もやってみたいんだ」


「本当に嫌な奴だな。王子様に勝てる奴なんているのかよ」



「お前にも勝ち目はあるぞ。私は、刺剣は素人だからな。暗い中でした試合など参考にはならん」


「良ければ競技場まで馬車に乗せてやろう。お前は第一試合だぞ」



「初っぱなの試合か」


「今日、四試合組まれているから、第一試合は、みんな狙ってる。一番休めるいい位置だ」

169
最初 前へ 166167168169170171172 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ