イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「隊長さんがミナさんの親戚?」


「そう。第一騎兵大隊の隊長さん。彼が対戦表を作るんだもの。ミナちゃんの従兄だから、内緒よ」


「ミナさんて面白い人ですよね、王様の親戚だなんて、変な冗談言って」


「あら、王様とは、また従兄になるのかな。ミナちゃんのおばあちゃんが前王のお姉さんなのよ」

俺は対戦表を眺めながら、なんだか慌てた。


王様のほんとに近い人と、あんなにしゃべったなんて。


「気にしなくていいのよ。今は、ただの歩兵部隊長夫人なんだから」


「そうなんだ。ヤードさんは歩兵部隊長…」


そりゃあ強いはずだ。


「じゃあ、まさかマキさんも?」


俺は冗談のつもりだ。


「あら、あたしだって、ずいぶんさかのぼれば、繋がってるはずよ。女の子は相手には王族を避けるから。昔はいろいろあったからしいからね」



穏やかじゃないけど、なんとなく、俺は口元が緩んでいるのを感じた。



だったら、リリアも同じじゃないかと思いついたからだ。


王族とつながっていない相手をえらぶために、俺にあんな事を言ったんだとしたら。


リリアは、意地悪でも、世間知らずでもない。


すべてを分かった、大人じゃないか。


もし、考えすぎでも、希望的観測でもなく、リリアが本気で、俺の伴侶になる道もあると考えてくれたのなら、俺は自分の力で、それを勝ち取るだけだ。


必ず勝って、晩餐会に行く。






「マキさん、レブって言うのは、どこに書いてある?」


「近衛隊のレブだね?あんたとは、山が違うから、準決勝まで当たらないみたいだねぇ」


「そうか、レブって強いのかな?」


「当たり前よ。シス様の一番弟子なんだから。それに、シス様の勧めで、新しい流派を興したんだっていう話だよ。うちの旦那の家は、ずっと商売専門だから、兵隊さんの位には疎いんだけどさ」


「そうなんだ。まぁ、勝たなきゃ、当たれないわけだよね。だったら勝つよ。彼から、やりたいって言われたからね。どうしたって、先に負けるわけにはいかないさ」



「夕飯はどうする?もうできてるよ。さっき水浴びしたんだろ?お湯あるのに」


「夏だし、水浴びで十分だよ。さっきね、ザイルさんに会ったんだ」

166
最初 前へ 163164165166167168169 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ