イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
ミナさんの旦那さん、ヤード氏は、とてつもなく強かった。


自分で相手を探したなら、恐らくは、俺の目の中には入っていなかったろう。


身のこなしを見ただけで、自分にはかなわない相手だと判断出来るから。


何度か手合わせしたけど、俺が相手では肩慣らしにもならなかっただろう。


ヤード氏は、おそらく騎士の中でも、隊長格か、それに類する位の人だ。

よく見たら、革鎧に、クス家の紋章が押されていた。


それにしても、ヤード氏は身軽だった。


あんなに体が大きいのに、驚くほど身軽だった。


「ラスカニアの剣士は、みんなそんなに強いんですか?」


「みんなか?弟子を持っているものは、こんなもんだろうな。お前は、賞金が目当てか?それとも、腕試しか?一つ二つは勝てるだろうが、準決勝あたりからは、俺でも苦労する相手ばかりになる。まぁ二つ勝てば、賞金は手に出来るから、旅の記念になる。闘技場には、国王夫妻もお見えになるし」


「国王夫妻が?」


「まぁ決勝戦には必ず。その他は、お気が向いた時にな」


「キキ様のお顔を見てみたいな!パレードの時、見たことあるけど、遠かったから。外国に来て見るのも変だけどね」


「まてよ。イルバシットの戦士が出ている時は、来場されていたような」


「見てもらいたいような、照れくさいような」



「面倒だから俺が頼んでおいてやる。それならはっきりしていいだろう?それにしても、花嫁探しはしないのか?サッパリ聞かないが」


「そう言われると困るよ。友達がいたら、なんとかなったろうけど、俺は、なんていうか」


「どちらにしても、うちの子はやらんぞ」



「分かったよ。みんなまだ若すぎるし」






ヤード氏がこれからどうすると言う顔をするので、俺は花嫁探しでもすると言った。


リリアの事を考えると、俺の心臓は、すぐに反応した。



「なんだ、宛があるのか。まあ頑張れ。イルバシットの子供は人気がある」



お前のおかげでゆっくり酒が飲める。


ヤード氏は、仲間と連れ立って消えて行った。


俺は、体の火照りが収まるのを待ちながら、剣を交える“仲間達”を眺めていた。



「負けないからな」


何となく慣れてきた俺の耳に、若い男の声が入って来た。
162
最初 前へ 159160161162163164165 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ