イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
本当は、話したことの全部が真実じゃないけど、母さんがいつも言うように、聞かない方が良いことだってあるんだ。


ミナさんが困る様なことを話す必要はない。


俺の父さんは、無口なんじゃなく、むやみに話す事を禁じられている。


それが城門の門番の掟だから。


言葉を禁じて、秘密の漏れるのを防いでいるのだ。


門番が言葉を交わせるのは、僅かな近しい人だけ。


しかし親父は、言葉でない、いろいろなサインを持つ。

だから俺達親子は、気持ちを見せるのに、困った事などない。


ミナさんに、余計な心配をかけないためには、無口なんだと言っておくのが一番だ。







暖かいスープは、腹に染み渡る。


おれは油断して、思わず息を吐き出した。


「ため息だぁ!」

一番下の子が笑顔で話しかける。


「兵士は、そんなのいけないんだよ!」


ラスカニア語だからわからないけど、雰囲気は分かる。


ため息は、ラスカニアでも、気の抜けてる証拠なんだなと。


俺は、子供達に笑顔で話しかけた。

可愛らしいこの子達と、仲良くなりたかったから。


「そうだね!油断はだめだな」


ミナさんが何か言うと、子供達は楽しそうに笑った。

「なんとなく通じるものね!言葉自体はあまりにていないんだけどね」




「そうだね。俺も、最近まで子供だったから。お嬢さん達、みんな可愛いいね!冗談じゃなく、リリア様に似てる」


「あら、私は?」


ミナさんは、そんな風に言って、にこりとする。


そりゃあラスカニア人だもの、うちの母さんよりは似てるさ。


俺はそう思ったものの、もう一度、ミナさんの顔を眺めてみた。


すると、リリアのお母さんは、ひょっとしたら、こんな感じかも知れないと思えてきた。


確かに、良くにている。

大人と子供だから、感じが違って見えたけど、目も、輪郭もよく似てる。


「やっぱり、似てないわよね。三姉妹のうち、母さんだけ、父親似だもの」


「ミナさん。三姉妹って、誰の?」


「王様の三人の妹の事よ」


「冗談でしょ!それじゃあミナさん、王族じゃないか!」


「違うわ。父さんは、王族じゃ無いからね。私はれっきとした庶民よ」


159
最初 前へ 156157158159160161162 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ