イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「そうよ。うちの娘をさらいに来たの」


ミナさんの言葉は、半信半疑だけど、うちと言うのと娘と言うのは分かった。


うちの娘に会わせようと思って。


そんなとこだろう。



しかし、ちょっと違ったらしい。


門番の、本当の大男がなんだか興奮している。


何かをわめいたかと思うと、俺の申し込み書を丸めて、投げ捨てた。


ミナさんは慌ててそれを拾い上げ、声をあげて笑った。


そしてしわを伸ばした申し込み書をもう一度渡すと、何か言って、俺の方へ歩いて来た。


ミナさんは笑っているけれど、大男はまだ俺を睨んでいる。


俺はミナさんの顔を覗いて、成り行きを探ろうとしたが、俺に分かるわけもなかった。



「ミナさん、あの人になんて言ったの?なんだか怒ってたね」


「大した事じゃないわよ。あの門番は、私の夫。うちの娘をさらいに来たって言ったら、俺がぶちのめすっだって。興奮しちゃって。本当に親ばかなんだから。冗談よって言っておいたから、ぶちのめすって言うのはなしだと思うけど…」


「えっ?あの大男の奥さんなの?」


「気にしなくて大丈夫。優しい人よ」




俺は、もっとラスカニア語を勉強して来るべきだったと、少し後悔した。


花嫁を探す事も大事だけど、よその国の人々と触れ合うのも、とても大切だもの。


言葉がわかれば、エジト語が出来ない人とも、もっと交流が出来たのに。


ミナさんの旦那さんの本当の気持ちも、きっと分かったろうに。



俺は、考えながら歩き、ミナさんが曲がったことにも気づかず、あたふたとあたりを見回す事になった。


振り返ると、三人の女の子が、ひそひそ話をしながら、こっちを見ている。


思わず笑顔になった。


なんて可愛らしい子供達。


「お母さんは?」


なんとか思い出してそう聞いた。


女の子達は、笑い声を残し、返事をせずに逃げてしまった。


俺は、女の子達の後を追いかけ、ミナさんを探した。


通りを曲がるとすぐ、ミナさんが見えた。


俺は、からかわれた事に気づいたが、腹はたたなかった。


さっきミナさんの言った、親ばかと言う言葉の意味が、すっと分かった。


「振り返ったらいないから、びっくりした。可愛らしいお嬢さん達だね」

157
最初 前へ 154155156157158159160 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ