イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「これを出しに行くから、もう仕事は終わりよ。早上がりのお礼だから、いらっしゃいな」



「そんなこと、気にしないで下さい。私はあの、初めての旅で、その…」


「いいから、こっちよ。私の幼なじみがイルバシットにいるの。ルーナって言うんだけど、あなた知っているかしら」



「どこかで聞いた事があるような気はするんだけど。でも、戦士はたくさんいるからな。あなたと同じ位の年の、ラスカニア出身の花嫁か…!まさか、カレン隊長の…奥様?」


「ええと、かれの名前、何だったかしら、凄く綺麗な肉切りナイフを持ってたわ」



「トルキの事だね!俺も王からもらった。イルバシットの男子の御守りなんだ」


「その、ルーナさんて、きっと、ダナ・カレン隊長の奥様だ。思い出したよ」


「そうだ。ダナ。変な名前の人が多いんだよね!たまに手紙をやりとりするの。とても厚くて白い紙の手紙を貰うから、きっと良い暮らしをしてるんだと思ってたの。それで私、娘が望むならイルバシットに行ってもいいと思ってるのよ」


なんだか、雲行きが怪しくなって来た。

だれかのお母さんの知り合いだという人に会うことはあるらしい。


でもそれは、あんまりついてることには思えない。


なんだか秘密を知られてるみたいで、自由でいられなくなるから。


ミナさんは、悪い人じゃないけど、リリアの事は言いたくなかった。


初めから叶わない恋だから。


でも、そう思っている割には、俺の胸は切ない気持ちに満たされている。


俺は、暇さえあればリリアの顔を思い出して下を向いた。


ミナさんが美しい事も、お城の方に向かっていることにも、しばらくたってから気づいた。





お城の西側の一角には、どうやらお抱えの職人達の家があるらしい。


ミナさんの家にも、お城の仕事をする家族がいるんだろう。


通りを左に曲がるとすぐに、門番らしき兵士が見えた。


ミナさんは、知り合いらしく、手を上げて合図している。


ラスカニア語にも慣れ、二つ三つ言葉が分かる。


申し込みお願いよ。


そう聞こえた。



門番の一人が近づいて来る所をみると、ミナさんの家はこっちじゃないのかな。



「ミナその子は、イルバシットの子供か?」


156
最初 前へ 153154155156157158159 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ