イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
俺は昼間まで眠った。


水桶の水で身支度を整えていると、腹が鳴る。


口をすすいだついでに、喉を潤した。


競技会に参加する。


そう決めた時から、俺の体はふわふわと震えていた。


運命の日、旅立ちを許されたあの日のようにである。


他国での競技会出場は、ゾルジにとっては、やはり、一大事。


答えのない問題を出された時みたいに、俺は落ち着かない。


情けないけど、やっぱり怖いのかな?


ゾラがいたなら、競技会まで剣を振り回して過ごすんだろうけど、一人では、緊張感を拭い去れないでいた。



はぁとため息をついた時、部屋の窓からマキさんの声がした。



「先生様、良く寝むったもんだね。さっさと起きて、朝飯を食べな!運が良きゃ、門番に会える」



俺の体は、門番と聞いて一気に目を覚ました。


そうだ、今日はやることがたくさんある。



「マキさん、ありがとう。門番は自分で見つけるよ。堅焼きパン以外の食事がとれるだけで、十分だ」


「今日はまた、遠慮深いんだね。キキ様がいらしてから、私らみたいな庶民でも、楽な暮らしが出来るようになった。イルバシットの子供は、私らにとっても、宝物だ」


「宝物か。キキ様は、素晴らしい架け橋となって下さってる。俺が競技会に出られるのだって、キキ様と、カザルス国王様のおかげだ」


「あんた、良く分かってるんだね。この国も、頑張るよ!もう争いは懲り懲りなんだ」


ゾルジは、黙って微笑んだ。


本当は、戦いで国力を高めて大きくなったくせにと思ったけど、それはマキさんのせいではない。

もしかしたら、国王のせいでもないかもしれない。


平和も、争いも、よくよく眺めたら、あんまり差はない。


塀の中の平和を守るために、戦わなくてはいけないなら、きっと俺は、外に出て戦うから。


誰かのために、きっと戦う。



その時には、相手の命を思いやる余裕はないはずだ。


兵士の少ないイルバシットは、建国の時から、戦わずして勝つ道を選んだ。




初代の王が選んだ土地は、厳しい環境の山上だったのだ。


活火山の、山頂付近にある、盆地で、自然の城壁に守られている。


153
最初 前へ 150151152153154155156 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ