イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
ゾルジが旅立って三日が経っても、サーナはまだ言い続けた。

「どうしてそんなに心配なんだい?君らしくない。ゾルジは優秀な戦士だ。足も速い。あの子は、賊に襲われるような間抜けじゃいよ。それに、ラスカニアは隣国の中でも、特に親交の深い国だ。待っていてやろうじゃないか?」

「カルダゴの庶民の間では、イルバシットの王子様の話が良く話題になるの。王子を射止めれば、一生楽に暮らせるって。でも、こう話す奴もいるわ!まだ表向きに王子と認められてないから、捕まえるのは簡単だ。すごい金づるだって」


「イルバシット新国王が誕生して十八年。噂をするような輩は、そろそろ王子が旅に出る頃だと狙ってるわ。ゾルジがもし捕まるようなことになったら」


「お前は、ゾルジの優秀さが分かってないんだ。そんな賊でさえ、ゾルジの相手じゃいよ」


サイはそう言ったが、妻の言い分にも理があると思っていた。


「でも君の心配も分かる。ゾルジは、十日で戻ると私に言って出て行ったんだ。だから、それでも戻らない時は、だれか差し向けよう。それでいいか?」

サーナは不安を抱えたまま、頷いた。




ゾルジの旅には、あてが有るわけではなかった。

それに、今回の旅で是が非でも花嫁を見つけると言う気持ちは、少し薄らいでいた。

前日に、ゾラの母君が危篤なのだと聞いたからだ。

自分に何かあれば、両親兄弟ばかりでなく、ゾラも辛い思いをする。


今回の旅は自分の運試し。


自分がどんな風に見られるのかを楽しみに思っていた。


ラスカニアはイルバシットと同じく、王国である。


歴史があり、王族がたくさんいる。

彼らと関わるのは、避けたいところだ。

先人達の助言によると、そこだけ気をつければ、豊かで安全な国であるらしい。


そんな事を考えながら、半日を費やし、キニラ川にかかる橋を渡った。


渡った先はもうラスカニアであり、そこには小さな検問がある。



「君はイルバシットの旅人だな?武器を全部拝見する。それと、滞在日数を聞かせてくれ」


型どおりの検問だ。

ゾルジは、ただ一つだけの刃物であるトルキを見せ、七日の滞在だと言った。



「そうか、ここに名前を書いてくれ。帰りには必ずこの橋を通るようにお願いする。ではよい旅を」

138
最初 前へ 135136137138139140141 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ