イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
城壁の外の世界は、決して危険なわけではない。

しかし、油断は大敵である。

井戸は、水質が変わっているかも知れないし、湧き水が止まってしまえば、腐っているかも知れない。

だから、いきなり口に入れるわけにはいかないのだ。

「水筒にはまだ沢山残ってるからな。俺の水筒はお前に預ける。俺は、井戸みずの水筒を持つよ。明日の朝、小鳥に飲んでもらってからでないと、口には入れられないからな」


「そうだな。君が重い水筒二つになるけど、いいのか?」

「大丈夫!その代わり地図を頼む。どうやらお前の方が向いてるらしい」


「分かった。しかし、旅人の泉が見つからない。汗を流したかったのにな。バルザン。何か聞いてないか?」


「いいや何も聞いてない。でも、旅人の泉は、キニラ川とつながってる。雨の時期に、降らなかったせいで、干上がってるのかもな。雨が来ればまた現れるらしい。星読みの叔母さんがそう言ってたよ」


「君の家はすごいよ。いったい何人トルキナスがいるんだ。聞いてるうちに、こっちまで滅入ってくるぜ」

「そう言うな。俺はすごい重圧を感じてるんだそ」

「それはそうだな。まあ、君とくらべれば、俺は気が楽だ。そろそろ鷹の首だぞ。振り返ると、キニラの滝が見えるはず。おおっ、後ろだ。やっぱり、迫力あるな」

鷹の首とは、溶岩の塊の事、イルバシット山の東側、ラスカニアの国境を指すように中空に出っ張った岩の事だ。

キニラ川は、その裏側に発している。

山肌を突き破るように滝となって現れるのだ。


「あれでも去年よりずいぶん細いはずだよ。でも、川を泳いで渡るには最高だ。橋をわたると、ラスカニアの兵士に隅から隅まで調べられるらしいから。浅瀬をわたろう」

ラスカニアとは、古くから、深い親交があった。

しかし、二十年ほど前に起きた不幸な事件のせいで、今は旅の目的地に選ぶ戦士はいない。


だから、ラスカニアの情報は、極端に少なかった。


ラスカニア人の人なつこさや、いたずら好きも、今では忘れられていた。





今にして思えばミナは、ラスカニア人の特性を持っていただけだったのだ。


俺は、まだ子供だったから、自分に気があるんだと誤解した。

しかしミナは、すごく素直で、明るい娘だっただけなんだ。

133
最初 前へ 130131132133134135136 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ