イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「大丈夫か、バルザン。結局僕は何も出来なかった」


ネストは、床に座り込んだ俺を、椅子に座らせようと、俺の腕をつかみ、俺の脇に潜り込んだ。


俺は、何が見えるのか怖くて、目をかたく閉じていた。


しかし、目の前に浮かんで来たのは、見知らぬ老人だった。

長く伸びた白髪は、立派で、彼の地位の高さを表していた。

しかし、その体には、無数の傷跡がある。


会ったことのない人物を、ネストだと断言は出来ない。


でも、彼に支えられながら見る世界は、やはり彼のものだと判断するべきだろう。

その人物は、王冠を冠した美しい女性を見つめ、満足そうに笑っている。


その目は慈愛に満ちて、暖かい。


俺は安心した。


「ネスト、お前、髪を伸ばしたいと思った事があるか?」


「戦士として、一人前になったら、伸ばすつもりだ。でも、何も言わない約束だよ」


「幸い、俺は未熟らしくて、何か見えても、良く分からないんだ。それに、お前の事は何にも見えないから、安心しろ」

俺は嘘を言ったんだろうか?


あの老人は、多分ネストだ。

しかし俺は、幸せそうな老人の顔を見て、黙っておくことにした。

親友の未来が明るいと、そう判断したからだ。






ネストに支えられながら、俺の脳みそは、猛烈に休みたがった。


抗えない程の睡魔が襲って来る。


クス家の人達が、口々にねぎらってくれていたが、俺の脳みそはそれを無視して、眠りを求めた。


「ネスト、もう起きていられない。少し眠らせてくれ。もしも、俺がねむりつづけたなら、悪いが家まで連れ帰って欲しい」







バルザンは、そう言うと、深い眠りに落ちていった。

彼は心配したが、その眠りは、疲れによるものらしかった。

うなされていたし、寝返りも打った。


何より、見慣れた寝顔だったのだ。



「ありがとう!お祖母様の胸がこんなに動いているのを、久しぶりに見たよ!バルザンは、ゆっくり眠らせてあげて。もちろん馬車を上げるよ。御主もつけてあげる。遅れはすぐに取り戻せるでしょ?」

トルカザだった。


「イルバシットに帰ったら、すぐマーキス様に報告するよ。どんなにお喜びになるだろうな」


「ネスト、君の事忘れない」
129
最初 前へ 126127128129130131132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ