イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「なんと言えば良いだろう。俺の精神は、そのまま弾き飛ばされるかもしれない。今度は俺が眠る羽目になるかも知れないって事だ」


「他に方法は?例えば、君の父上か妹君ならどうだ?星読みの経験がある人なら、対処出来るはずだ。直ぐに帰り、早馬で引き返せば、間に合うんじゃないか?」

「今は夏だ。隣国から沢山の賓客が来る。星読みにとっては、仕事が山積みの時期なんだ。二人とも、イルバシットの周りを駆け回っているはずさ。会える確率は低いんだ。それに、キキ様の体温が下がっているらしい。放って帰る事なんてできないさ」


本当は違う。

俺はネストに嘘を言った。

俺が未来を見る事はすなわち、ネストの未来を見る事でもあるからだ。


彼には、俺に隠しておきたい秘密がある。

しかし、俺が力を授けられれば、ネストの未来を知ることになる。


星読みの力は両刃の剣だと、父親から習った。


危険を知り、それを避ける陽の力と、明るい未来を知り、人から、努力を奪う、暗の力。


それを知っても、揺るがぬ強さを持つ者に、星は話しかけて来る。

父はそう言った。


俺に自分を律する強さがあるか?

努力を続ける純粋さがあるか?


俺には分からない。

「バルザン、君がやると言うなら、僕は君を守る。君の精神を呼び戻してみせる。君も感じるだろう?僕達は、深い絆で結ばれてる。だから僕がしっかり、君を支える」

ネストの気持ちが嬉しかった。

だから俺は、せめて本当の気持ちを告げようと思う。


「俺が未来を知る力を持ったら、お前は自分の未来を知りたいと思うか?」


俺がそう聞くと、ネストは不意をつかれたように、表情を暗くした。




僕の隠している事、それは、僕がシエラ・イルバシット家の男子であること。

もしも、花嫁を見つけ、無事に帰りついたら、国王になる権利を手にする人間であること。


バルザンは、僕が隠している秘密を見てしまう事を怖れていたんだ。


泣くわけにいかないけれど、涙がこぼれそうだ。


バルザンは、自分の事で一杯で、僕の涙には気づかなかった。


僕は、涙を飲み込んで、口を開いた。


「国王じゃあるまいし、知りたくないさ。僕は、君がどんな未来を見たとしても、その未来をかえて見せる」

126
最初 前へ 123124125126127128129 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ