イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
やはり、力だけは、俺の方が上らしい。

トルカザの小さな体を飛ばす事が出来た。


すぐに勝負がつくと思っているトルカザの思い通りにはさせない。


俺には、トルカザの作戦が見えて来た。

素早い打ち込みを繰り返し、相手の心を乱し、相手の闘争心を奪うつもりなのだ。

そんな子供だましの作戦に俺が乗るとでも思うのか。


そう思いながらも、俺は、だんだん心が高ぶり、乱れて来るのを感じていた。





俺は、いつも強い相手とばかり戦って来た。


対戦成績は、負けの数の方が多い。

闘う時俺は、なかなか諦めないから、結局僅差の負けになる。


やり尽くし負けるのは、悲しいほど悔しいが、その悔しさは、俺を強くしてくれた。


だから俺は、自分の心は強いのだと信じていた。

しかし、トルカザは、心が強いという程度の言葉では表せない。

どうしてそんなに必死なんだろうか?


考えても、答えは見つからない。


王子であるのに、俺よりも必死だなんて。


だが俺は、負けるわけには行かない。


俺は作戦通りに、キキ様の話をして、トルカザに揺さぶりをかける事にする。


トルカザの剣が目の前にせまるのを待った。

うまく受け止めなくては、負けるような気がした。


トルカザの持つ強烈な意志の力は、今からではとても補えない。


考えに気を取られ、トルカザの姿を一瞬見失う。


何度目だろう、勘でトルカザの剣を受け止める。

しかし、完全に柄が噛み合った。


今しか無いだろう。

また逃したら、捕まえられる確率は、絶望的に低くなる。


俺は、まず力いっぱい押しながら、息を整えた。


そして、半ば賭のような気持ちで、トルカザの目を睨んだ。

俺は、トルカザには余裕があるんだと思っていたのだが、彼もまた、必死なのだと分かった。


「おいトルカザ、さっさと答えろよ。キキ様は、本当におれに会いたがっている。どうしてこんな事になったのか、俺が直接確かめてやる」

全力で押しながら、そう詰め寄ると、トルカザは、困るどころか、


「本当に知りたいの?君は怖く無いのかい?本当の彼の姿を見ること」


俺は、トルカザの投げた罠の中にいることに気がついた。

109
最初 前へ 106107108109110111112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ