イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
トルカザは、剣を構えたまま、なかなか打ち込んで来なかった。


俺をじらすつもりだろう。

流石に隊長様と言うべきか、俺の性分は読まれているらしい。

先生の言葉を無駄にしたくはないが、追いつめられた感覚が俺の気持ちまで堅くし始めた。


今までに経験したことのないほどの劣勢感を味わっている。


諦めかけたとき、俺の頭にキキ様の事を言った時のトルカザの顔が浮かんだ。


キキ様の事が、トルカザの弱点なのかもしれない。

キキ様は生きている。

彼らはそう言っていたけれど、まさか本当にそうなんだろうか。

あの時のあの声は、まさか、キキ様の声なんだろうか。


私はここにいる。

あなたはイルバシットの星読みね!

私の力を受け取って!

そうすれば、私は目覚められる!


動揺するバルザンの心にまたあの声が染み込んだ。


これがキキ様本人の声か?


俺は、隙だらけの状態で、ぼぅっと突っ立っていた。


トルカザは、あきれはててしゃがみこみ、俺を眺めていた。


「バルザン、準備は出来たかい?そろそろ本気を出すよ」


「何をぬかしやがる!変わってるにもほどがあるぜ、この国はよ。さっきから、キキ様が俺を呼んでるんだ。その声がうるさくて、試合なんか出来るか!まずはキキ様に会わせろよ!」

俺は時間稼ぎのつもりで、確信の無いままそう口にした。


だが、俺の言葉は、意に反して効果があった。


トルカザは、隠そうとしているらしいが、顔色が変わった。

まさか本当に?


俺は自分で言っておきながら、手が震えていた。


もし本当にそうなら、ネストがもし、噂の旅立ちを迎えた王子だったら、俺は、花嫁を探すどころではない。


俺は、試合に勝ちたいばかりに、とんでもない領域に入り込んだのかもしれない。

後悔しても始まらないが、近くで聞いているネストの事が心配になった。


お前が王子だなんて信じたくない。


それじゃもう対等でいられない。


俺は、お前の口から聞くまで信じない。

短い時間の間に、考えは巡った。


トルカザが、俺の視野から一瞬消えて、そして再び現れたとき、トルカザの剣が目の前に迫った。


俺は、ほとんど勘だけで、その剣を振り払う。


108
最初 前へ 105106107108109110111 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ