イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
トルカザは、笑みを浮かべ、剣を構えた。

力が抜けたいい構えだ。


俺は、トルカザがわざと作った隙ではなく、剣を狙い、打ち込んだ。


誰も皆、剣を打ち込むと、素直に受けてくれるからだ。


俺はひとまず、汗が噴き出すまで、力比べがしたかった。


「……!」


こんなに力があるようには見えなかった。

柄と柄を合わせ、俺達は押し合った。


トルカザも、一杯の力を出すため、初めて見るような顔をして、俺の目を見ている。


歯を食いしばり、俺はトルカザを睨んだ。


柄を通し、トルカザの熱が伝わって来る。


俺の計算では、押し勝つつもりだったが、トルカザは押し止まった。

睨み合ううち、俺はどんどん楽しくなって来た。


自分の体力も知力もすべて使うチャンスなんて、なかなか訪れはしない。


今思うと、競技会で出していた力なんて、本当の力じゃなかった。


いまトルカザが出している力が本当だ。

俺は全力でトルカザを押し、その反動で距離をとることにした。


しかし、それは間違いだと、俺はすぐに気がついた。

俺は、トルカザの力が強い事に気を取られ、彼がすばしこい動きをする事を忘れてしまっていたんだ。


彼をうっちゃった途端、打ち込まれた。

二度、三度と、トルカザの剣を受けた。

トルカザの剣は、相手を斬るものではない。

しかし、間合いが早く、回数が重なるうち、俺は余裕を奪われて行った。


そして次第に俺は受け身に回る事になった。


打ちこまれる剣にそれほどの力は無いのだが、何度も受け身を重ねるうち、俺は打ち込む事が怖くなった。


しかし、ここで負けるわけには行かない。

イルバシットの戦士が軽く見られるような事を自分がするなんて許せない。


次にトルカザの剣を受けたとき、一か八か、そのまま押してみよう。

二度と負けないために、今出来る事を試す。


先生がなにを言いたかったのか、俺は身を持って感じた。

トルカザは、息を整えるためか、なかなか打ち込んで来ない。


俺も、この期を逃さず、息を整える。








「君の家臣は勝つかな、弟は、まだ半分も力を出していないよ」

「…」


「家臣なんかじゃないさ、彼は僕の親友だ」

106
最初 前へ 103104105106107108109 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ