イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
1 王家の庭


俺も、友達のキサも、今年十五になる。


旅立ちの夏だから、なんだか二人とも落ち着かない。


旅を済ませた先輩達は、何事もなかったように平和に暮らしているから、べつに、大したことじゃないさと言う気持ちもあるけれど。


そう思おうとしても、いつしか、心臓がゴトゴト音を立てている。


そんな日がここ何日か続いて、俺は少し疲れていた。


もうすぐ友達のキサが、交代に現れるはず。


そうしたら、儀姉さんの暖かいスープを飲んで、さっさと寝て仕舞おう。

柄にもなく俺はそんな、弱気な事を考えていた。




「ジルザ、何を考えているの?」



突然後ろから、可愛らしい声が聞こえて来る。


あろうことか、第二王女メリナ様の声だ。


なんと言うことか、とんでもない失態じゃないか!


俺は、仕方なく、メリナ様の前に跪き、誰かが罰を言い渡すのを待った。

向こうから北門を守る兄、ラザの笑う声が聞こえて来る。


すでに交代していたらしい。


こんな失態を見られるなんて、無性に腹が立つ。

俺は情けない格好で、ただその場にへたばり、誰かが現れるのを待つ。


王妃さまだったら、なんとか許してくれそうな気がした。


まさか、旅を中止にするなんて言わないよな?


兄貴なら、慌てやしいんだろうけど。


俺の気持ちはあくまで後ろ向きだ。


そんな俺の背中は、やがて王の声を聞いた。

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ