美珂 ~カウンセラーと少女~
美珂 ~カウンセラーと少女~
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:十光土佐
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/01/10
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
美珂 ~カウンセラーと少女~ 第1章 SIDE-A
―――わざわざ先頭車両の先頭ドアのそば、つまり逃げ場のないすみっこに乗って、そのうえ簡単に外せるフロントホックのブラなんか着けて。これじゃ、「チカンしてください」って言ってるようなものよ。
―――そんな……! 私、そんなつもりじゃ……。
―――あなた、本当は、お兄さんに触ってほしいんじゃない? 内心では、触られて悦んでるんじゃないの?
―――先生、ひどい……。は、あッ……。
―――この後は、何をされるのかしら?
―――せんせい……もう嫌ぁ……。
―――ここまできたら、全部言っちゃったほうがスッキリするわよ。この後は、何をされるのかしら?
―――…………………………プラスチックの変な玉を、パンツの、中に、入れてくるんです。コードがついてて……。
―――パンツの中? アソコに当てるのかしら?
―――……はい。
―――それで?
―――お兄ちゃんがスイッチを入れると、それがビリビリ震えて……。
―――震えると、どうなるの?
―――……………………すごく、その……気持ちいいんです。
―――これでしょ。これは、ローターっていうのよ。
―――先生……なんでそんな物持って……。
―――こうすると、あなたは気持ちよくなるわけね。
―――んあッ! あ……。
―――どのぐらい気持ちいいの?
―――そんなの……言えません。
―――正直に言ってちょうだい。隠し事はなし。
―――は、あっ……ヒザが、がくがくして、立っていられなくなりそうなほど……、気持ちいいんですぅ。
―――敏感なのね。気持ちいいのは、ここ?
―――ああん……せんせぇ……。
―――あらあら、しっかり立って。そんなにフラフラしたら、周りの人が気付くでしょう?
―――お兄ちゃんが、後ろから抱きかかえてるから……両手で、胸をべたべた触って……。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ