敦子 第一話 ~大っきらいな敦子へ~
敦子 第一話 ~大っきらいな敦子へ~
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:十光土佐
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:敦子シリーズ

公開開始日:2011/01/09
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
敦子 第一話 ~大っきらいな敦子へ~ 第1章 気が進まないこと
 敦子がお尻をくねくねと振って悶えた。指の動きを早くすると、くちゅくちゅと音がする。なんだか、ちょっとずつ割れ目が開いてきたような感じがする。僕の指が、だんだん奥の方までもぐり込んでいく。ヌルヌルした透明な液がじわっとにじみ出てきて、手のひらまでたれてきた。
 敦子のアソコをいじるのに夢中になって、ズボンを脱がされないように足をぎゅっと閉じていたのを忘れていた。敦子がいきなり、僕のズボンをパンツごとズルッと脱がせた。チンチンが敦子の目の前にむき出しになった。
 敦子が、僕のチンチンをそっとつまんだ。他人にチンチンを触られるなんて、生まれて初めてだ。敦子のアソコをいじって、敦子にチンチンを触られてるんだ。すっ裸になって、二人で大事なところを触りっこしてるんだ。敦子なんか大っきらいなのに、なんでこんなにドキドキするんだろう。
 チンチンを恐る恐るいじっていた敦子が、思い切ってきゅっと握ってきた。敦子の手の熱さが気持ちいい。
「あつい……」
 敦子がつぶやいた。二人とも、お互いに相手を熱いと感じてるんだ。不思議な気がした。敦子の手が、チンチンを握ったまま上下に動き始めた。皮がくにゅくにゅしてすごくヘンな感じ。僕は、こんなのやったことない。固くなったチンチンを握って動かすと気持ちよくなるなんて、知らなかった。
 敦子は、さっき僕がしたみたいなこと、自分でやってるのかな……。そんなことを考えながら、僕も敦子のアソコをいじった。いじるといっても、指先で割れ目の内側をなでるだけだ。女の子のアソコに触るのなんて初めてだから、どうやったらいいのか分からない。
「なめて……」
 敦子の言ってることが、一瞬分からなかった。アソコを、舌でなめろっていうことか?
 そんなの、思いつきもしなかった。そんなことできるわけないだろ、と思った。女の子だって、ここからオシッコするんだろ?(よく知らないけど) そんなとこなめたらヘンタイじゃねーか。じゃあ、指でいじるのはヘンタイじゃないのかな……? それに、ずっとこうやって指でいじってるだけじゃ、なんだかつまらないような気もする。
 チンチンの先に何かが触った。敦子の右手はチンチンを握ったままだし、ベッドに左手をついてるはず。
 何だろう……?
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ