飼い主募集します!
飼い主募集します!
完結アフィリエイトOK
発行者:鉢嶺来
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:お笑い・ギャグ

公開開始日:2010/12/17
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
飼い主募集します! 第14章 ばれた!



コンコン。

その時、ドアからノックが鳴る。


「「!」」

「?」

俺と姉貴に緊張の色が走った。
泪乃はそんな俺たちを不思議そうな顔をして見て首を傾げて見せた。

「姉貴、母さんだ、やばいぞ」
「う、うむ、とりあえず泪乃をクローゼットの中に隠そう」


コンコン。

二回目のノック。

俺はクローゼットを乱暴に開けると泪乃を無理やり中へと押し込める。


「くぅ~ん?」
「いいか、静かにしてろよ」

そう言うと俺はゆっくりクローゼットを閉めて姉貴にOKサインを出した。

コンコン。

三回目のノック。

「どうぞ、母様」
姉貴が答えた。
ガチャリと開くドア。

「あらあら、翔太様もこちらにおられたのですか?
それより今何かお犬の鳴き声が聞こえたのですが…」

「き、気のせいだよ、なあ?姉貴」
「はい、母様の聞き違えかと」

姉貴は母さんが苦手だ。
小さいころ、母さんが親父と再婚するまでの間、
女手一人で面倒を見てくれていたことに引け目を感じるらしい。

「そうですか?なら良いのですが、我が家はペット様はご禁止であられますので」
「わかっています、なあ翔太?」
「あ、ああ」
と、そう言ったとき、クローゼットががたっと揺れた。

「あら?何か崩れたのでしょうか?」
慌てて姉貴がクローゼットを開けようとする母さんを止めに入る。
96
最初 前へ 93949596979899 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ