飼い主募集します!
飼い主募集します!
完結アフィリエイトOK
発行者:鉢嶺来
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:お笑い・ギャグ

公開開始日:2010/12/17
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
飼い主募集します! 第13章 ひとみVS禿沢&シモーナVS俺
「さっきから黙って聞いていれば冠凪ひとみ!
もう金持ちだからとかそういう目で見んぞ…やはり貴様と俺様は相容れない存在だ…!!」

「こちらは元々、貴方のようなばい菌と同じ空気を吸うだけでもお断りなのです!!」
と二人の間にバチバチと火花が飛び散った。

「くくく…良かろう、冠凪ひとみ、ならば勝負だ!」
「いいですとも!!」

二人のバックには活火山が噴火したような背景が今にも出そうな勢いで
ドーン!という効果音と共にぎりぎりと向き合った。

「では、公平な審判をするために私が審判をしてやろう」
「姉貴?何考えてんだ!?」

俺が姉貴の方を見ると姉貴は意地悪そうな笑顔を浮かべて
「こんなバカなイベントを見逃してやる手はあるまい、
何ならはげピザの完敗で奥さんに愛想を尽かされるというのも面白いな」
「待て、滝沢シモーナ、貴様は冠凪グループの手先ではないか!?」
「ふざけるなよ、はげピザ、私はどこにも所属しない、
目の前に金品をぶら下げられてヘコヘコするどこぞの高校教師とは違うんだ」

相変わらず容赦ねぇな…
禿沢は姉貴の言葉にぐぐぐぐ…とか唸ってる。

「では種目はそうだな、これが良かろう」
そう言って姉貴が指差したのは型抜きの屋台だ。
未だ絶滅してなかったのか、型抜き。

「良いだろう、覚悟は出来たか?冠凪ひとみ!」
「ふん、貴方のように阿諛追従をモットーとした人間にあたしが負ける訳が無いのです」
87
最初 前へ 84858687888990 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ