飼い主募集します!
飼い主募集します!
完結アフィリエイトOK
発行者:鉢嶺来
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:お笑い・ギャグ

公開開始日:2010/12/17
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
飼い主募集します! 第12章 夏祭り
「おーう、腐ったミカンども!」
…気のせいか遠くから聞き覚えのある声がするな。
「幻聴だな」「幻聴です」
姉貴とひとみが同時に呟いた。
横目でちらりと見ると紛れもなく、禿沢であり…
って何だ、あいつ…幼い女の子の手を引いてこっちへやってくるぞ。

「おい、姉貴…禿沢、誰か連れて来てるぞ、小さな女の子だ」
「なんですって!?」
俺の声に反応したのは姉貴じゃなくてひとみだった。
睨む様に禿沢の声の方を見るとマジマジと禿沢と仲良く手を繋いでいる女の子を見る。

「あ…有り得ない…あの宇宙の屑があんな
可愛い女の子とあんな楽しそうに…手を、繋いで…?」

ひとみは余りのショックによろよろとその場に倒れそうになる。

「いよう、腐ったミカンども、今日も元気か、グハハハハ!!」
禿沢が陽気にそう言うと姉貴は心底嫌そうな顔で禿沢を見て
「何時から犯罪者になった、はげピザ」
と吐き捨てた。

「犯罪者?何を言ってる、滝沢シモーナ」
「黙れ、ロリコン誘拐魔、今すぐ警察に自首してこい、人類の敵」
姉貴が女の子を指差しながらそう言うと女の子はクスクスと笑みを零して
「まぁ、貴方たちが主人が顧問をしている部活の生徒さん?」
と言った。
84
最初 前へ 81828384858687 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ