飼い主募集します!
飼い主募集します!
完結アフィリエイトOK
発行者:鉢嶺来
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:お笑い・ギャグ

公開開始日:2010/12/17
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
飼い主募集します! 第11章 禿沢来襲、合宿終了
ひとみはそう言うと別荘の玄関を盛大に開ける。
俺と章太郎はお互いを見てやれやれ、と言った感じで両手を上に上げた。
仕方ないだろう?
何時だって女子の方が男子よりも強い世の中なのさ。

「るいのがねらわれてるのかー…?」
田辺は震えながら俺の裾を掴む。
「いや、まだそうと決まった訳じゃないから、怖いならここで待ってるか?」
俺が田辺の頭を撫でながらそう言うと
「ふぁ…い、いくのだ、こうだってるいののひとりやふたり、まもってみせるのだ!」
と歯をガチガチと震わせながらそう言った。

別荘を出て、10分ほど歩くと林が見えてきた。
ひとみは携帯を取り出すと何かを確認して、
「この辺りのはずです、相当の使い手じゃない限り、
我が家の防犯システムによって駆逐されているはずなのです」
と言って恐らくは携帯に映し出されているであろうそのポイントに向かって歩き出した。

「おい、いたぞ」
章太郎の声に全員が集まる。
その人物は黒焦げになってうつ伏せに倒れていて、
生憎性別以外に特徴なのは禿げた頭とちょっと太めな体つき…
ん?この風貌…どこかで…?

姉貴が無言でその男を仰向けに引っくり返す。

「…!」

全員の空気が止まった。
目をぐるぐると回転させてまるで漫画のように気絶しているその男の正体は…禿沢だった。
74
最初 前へ 71727374757677 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ