誰かに見られている
誰かに見られている
成人向アフィリエイトOK
発行者:メイ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/02/17
最終更新日:2016/03/27 18:31

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
誰かに見られている 第2章 はじまった調教の日々

数日間、ナナから同じ指令のメールが続いた後
ついに新たな指令が送られてきたのです。

『今夜、夜中の1時にベランダで全裸オ○ニーを
しなさい。ベランダには懐中電灯置いて
明るく照らしてからするように』
と書かれていたのです。

深夜の1時頃だとマンションの下の街灯が
辺りを照らしているだけで、ほとんど真っ暗でした。
そんな中、ベランダを照らしてオ○ニーを
すれば、向かい側のマンションに住む住人が
少しでも窓の外を開けてこちらを覗けば
丸見えであることは明らかでした。

しかも夜中の1時であれば、夫が寝ているとはいえ
家にいるのです。
もしも、私が素っ裸でベランダに出ている所を
見られたりしたら、どう思うか
分かりませんでした。

それでも私は実行するしかありませんでした。
ナナからの指令を無視すれば
メールに添付された恥ずかしい写真を
ばら撒かれてしまうのです。

それから私は約束の時間までそわそわしていました。
このあと数時間後にあまりに恥ずかしいことを
自分はするんだ、そう思うだけで
体が熱くなってしまったのです。

帰宅した夫ともまともに目を見て
会話することさえできませんでした。
それは、何も知らない夫の前で
自分があまりにもはしたない女に
思えて仕方なかったからでした。

8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ