誰かに見られている
誰かに見られている
成人向アフィリエイトOK
発行者:メイ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/02/17
最終更新日:2016/03/27 18:31

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
誰かに見られている 第2章 はじまった調教の日々

それから毎日のようにお昼過ぎになると
ナナからメールが送られてくるようになりました。
そして、指令はやはり裸のままベランダに出て
外に向かってオ○ニーするようにという
ものだったのです。

四日目になる頃には、だんだん羞恥心が
薄れてきたのか、躊躇うことなく部屋の中で
全裸になると、そのまま窓を開けて
ベランダに出られるようになっていました。

そして、手すりに片手をついて
顔を向かい側のマンションの方へ向けて
恥ずかしい行為に耽っていたのです。

やがて、絶頂に達して余韻に浸っている頃に
ナナからメールが送られてきました。

いったいいつまでこんなことさせるの?
もしかしたら、毎日の日課のように
お昼過ぎになると私にベランダで
全裸オ○ニーをさせるつもりなのだろうか?

そう考えただけで、私は体が震えました。
それでも、ナナの要求を無視すれば
きっとこのマンションには住むことが
できなくなるのです。
それどころか夫が知れば、夫婦関係さえも
どうなるか分かりませんでした。

幸い、夫が家にいる休日には
ナナからメールは送られてきませんでした。
それでも平日になるとまた
ナナからベランダでの全裸オ○ニーを
強要するメールが届いたのです。

7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ