誰かに見られている
誰かに見られている
成人向アフィリエイトOK
発行者:メイ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/02/17
最終更新日:2016/03/27 18:31

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
誰かに見られている 第3章 深夜の自転車置き場

深夜1時前だったので、エレベーターに乗って
一階の自転車置き場に行くまで
住人の誰とも会う事はありませんでした。

自転車置き場は雨風に当たらないように
部屋のような作りになっていて
マンションの住人しか立ち入ることは
できないようになっていました。
そして、深夜でも蛍光灯の明かりに照らされた
自転車置き場にパジャマ姿のまま入った時に
手に持っていた携帯が鳴ったのです。

それはナナからの着信メールでした。
『着ている物は全部、自転車置き場の
入口付近に置かれている自転車の籠に
入れて、自転車置き場の奥の方で
外を向きながらオ○ニーをするように』
と本文に書かれていたのです。

あまりにタイミング良く届いたメールに
私はナナが今どこかで見ていることを
確信しました。
そうであるならナナの命令に逆らうことは
できませんでした。

携帯の時計を見たら12時58分でした。
躊躇っている時間などもうありません。
私は自転車置き場の入口近くで
パジャマを脱ぐとそれを傍にあった
自転車の籠に入れました。
そしてついに下着も脱いだのです。
蛍光灯に照らし出された明るい場所で
しかも自分の部屋ではない場所で
素っ裸になった私は気が気ではありませんでした。
脱いだ下着もそのまま自転車の籠に入れると
私は素っ裸のまま、住人の自転車が置かれた間を
両手で体を隠しながら自転車置き場の
一番奥まで歩いていきました。
入口からはだいたい15メートルくらいの距離は
あると思います。

そこで私は自転車置き場にある窓から
真っ暗な外の方を向いて
オ○ニーを始めたのです。
窓ガラスには蛍光灯に反射した
自分の裸が映し出されていて
それを見ながらのオ○ニーは
なぜか自分自身を興奮させました。

私は今いけないことをしている。
こんな変態みたいなことをして感じている。
罪悪感のような感情が私の理性を刺激して
だんだん体を弄る手の動きを
激しくしていくのでした。

12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ