誰かに見られている
誰かに見られている
成人向アフィリエイトOK
発行者:メイ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/02/17
最終更新日:2016/03/27 18:31

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
誰かに見られている 第1章 恥ずかしい写真を添付したメール

私は結婚して二年目の
27歳の主婦です。
夫は私よりも5歳年上で
普通の会社員でした。
私達夫婦にはまだ子供はなく
新婚気分で日々を
過ごしていたのです。
そして、結婚二年目を迎えた頃、
ローンを組んでマンションを購入し
今住んでいるマンションへと
引越すことになりました。


新居のマンションでは、
ご近所には私達と近い世代の
ご夫婦も住んでいて、
皆さん感じが良く
すぐにお友達になることが
できたのです。


新居での生活もすべて
順調にいっているはずでした。
しかし、そんな折、
最初に私の携帯に
そのメールが送られてきたのは
新しいマンションに引越してきて
2ヵ月目のことでした。


メールの差出人はフリーメールで
件名には『あなたへの指令』
と書かれていたのです。
なにかのイタズラメールだな
と思いながらも
私は何気なく本文を
開いてみたのです。


するとそこには
思わぬ画像が添付されていたのでした。
私は思わず携帯を手元から
落としそうになるほどの
衝撃を受けました。


いったいどうして・・・。
そこに映っていた画像は、
私のあまりに
恥ずかしい姿だったのです。


私は日中家にいる時に
テレビを見ながらストレッチをしていて、
汗をかくのでシャワーをした後
裸のままベランダに出て
干してある洗濯物の
下着を取っていたのでした。
私の部屋は8階だったので、
下からは見られることはなく
つい気持ちが開放的になって
しまっていたのです。

そして、ある時、
ベランダに裸のまま出た私は
つい気分が高揚してしまい、
一人で体の疼きを慰めていた
ことがあったのです。


携帯に映っている写真は
その時のものでした。
丸出しの胸を手で揉みながら、
ベランダで恍惚とした表情を
浮かべている姿が
映し出されていたのです。


いったい誰が・・・。
私の住んでいるマンションの
目の前には同じ大きさの
マンションが建っていました。
映っている写真の角度から考えて、
そのマンションの部屋から
撮ったとしか思えませんでした。


向かいのマンションとは
100メートル以上も離れていたので
見られるわけがないと
思っていた自分がバカでした。
向かいのマンションの住人とも
自治会の集まりなどで交流があり、
引越してきてまもなく
10人以上の同じ主婦の
知り合いができていました。
そして、その時に
近隣住人同士の連絡手段用にと
互いのメールアドレスを
交換していたのです。


私の携帯にメールを
送って来たという事は
その中に写真を撮った犯人が
いるのは間違いありませんでした。
あんな恥ずかしい姿を
顔見知りに見られていたなんて・・・、
そう考えるだけで
恥ずかしくてたまりませんでした。


メールには添付写真の下に
私へのメッセージがありました。
この写真をばら撒かれたくなければ、
ここに書いてある
指令に従うようにという一文があり、
その後に私に対する指令が
綴られていたのです。

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ