Love Addict
Love Addict
完結
お礼5
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:LOVEシリーズ

公開開始日:2016/01/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼3
Love Addict 第1章 ー出会いー

貴女の名前も連絡先も知らない。


でも貴女は時々公園に現れる。



その度に俺は貴女を抱く。


言葉の少ない貴女を

ただ夢中でこの腕に抱くんだ。



貴女はいつも泣いている。


何を見ているんだろう

何を想ってるんだろう


その涙のわけを俺に聞かせてよ



臣)はぁっ、はぁっ

〇)……



愛しい姿を見つけて

走って駆け寄る。



臣)会いたかった



そう言って貴女を抱き寄せても

貴女は何も言わない



臣)会いたかったよ

〇)……走ってきたの

臣)早く抱きしめたかったから

〇)……



もうどうしようもないくらい

貴女に惹かれてる


そんなことはわかってた。



臣)好きだ……

〇)……

臣)好きだよ……

〇)……



抱きしめる腕に

力が入る


貴女が好きなんだ。

こんなにも



名前も知らない

会いたい時に会えない


ただ貴女が偶然来るのを

ひたすら待つ毎日。



臣)名前教えてよ。

〇)……

臣)いい加減名前で呼びたい。

〇)……



貴女の名前が呼びたいんだ。



臣)教えて



俺がそう言うと

彼女は俺の唇に人差し指をそっと当てた。


そしてそのまま

俺の唇をキスで塞いだ。



臣)



俺の首に腕を回してくる

彼女の細い腰をグッと抱きよせる。


好きだ。


貴女が好きだ。



〇)……、っ



舌を絡ませると…小さく吐息が漏れる。



臣)ごめん今日、俺

  ……余裕ないかも……



そのまま彼女の細い首に

優しく歯を立てる。


ぺろっと舌を這わせれば

ぴくんと震える素直な身体。



臣)感じた

〇)

臣)そのまま感じてて

〇)……

4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ