Love Addict
Love Addict
完結
お礼5
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:LOVEシリーズ

公開開始日:2016/01/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Love Addict 第11章 ー保健室の秘密ー
初めて学校で貴女を抱いた。

目眩がするような綺麗な身体。

気が遠くなりそうな深い快感。



俺はなお一層貴女に溺れていく…



その夜俺は眠れなくて

貴女のことばかり考えて

貴女の火照った頬や

甘い甘い蜜の味…

熱っぽい貴女の吐息…



どれを思い出したって
興奮するばかりで眠れるわけがない。





次の日、寝不足で授業どころじゃない俺は
保健室へ向かった。


臣)頭痛いとか言って
  少しだけ寝かせてもらおう…


保健室のドアを開けると
先生はいなくて…


臣)勝手に借りまーす…


一番奥のベッドに身を投げ出した。


臣)ああ……


やっと眠れそうだ…。





しばらく眠りに落ちて
太陽も高くなってきた頃

あたたかい日差しで俺は目を覚ました。


臣)12時か…


腹は減ったけどまだ少し眠くて
うとうとしていると
ドアが開く音がした。


女)あら、片岡先生。


保健医の声が聞こえて
俺が寝てる間に戻ってきていたことに気付く。


ガチャン。


女)くすくす…w
直)何笑ってるんですか?w
女)入ってくるなり鍵をかけるから。
直)だって…することは一つでしょう?
女)そうね…w


なんだ??


女)んっ…///
直)今日も綺麗だね…
女)またそんなことばっかり…w
直)ほら、こっち来て…
女)あんっ…//


まさか…
ここで始める気じゃ…

俺が寝てんの気付いてねぇんだ。


女)あっ、あっ、片岡先生っ//

直)ほら、声我慢しないで?w
女)だって…、あんっ

直)鍵かけたから誰も来ませんよw
女)あんっ、でも…、あぁっ///



片岡って…、確か教頭だよな?
保健医とデキてんのか??


女)あぁんっ、いやぁっっ//
直)いやなんて…嘘でしょう?w
女)…っ///

直)こんな欲しがってるくせに…
  嘘つきだなぁ…w

女)あぁんっ、そこは…だめえぇっ///


ぐちゅ、くちょっ…


臣)…っ


いやらしい音が聞こえ始める。


マジかよ…

こんなん最後までいんの嫌なんだけど…


臣)……


窓を開ければ1階だから
飛び降りて逃げれるけど…

音で絶対気付かれるよな。

気付いてこっちに来る前に逃げるか。


女)ああぁんっ、もっと奥…ぅっ///

直)ほら…、…っ

女)いやぁっ、気持ちイイ…っ///


下品な喘ぎ声。

健全な男子高生なら興味津々で
最後まで聞き耳立てんのかもしんねぇけど

俺は〇〇以外の女なんか興味ねぇ。




ガラガラッ…


女)…っ!!!
直)…誰だ…!!!


俺は窓から飛び降りて
そのまま走って逃げた。


あいつら…
保健室に鍵かけて
いつもあんなことしてんのかよ…

まぁどうでもいいけど。
31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ