Love Addict
Love Addict
完結
お礼5
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:LOVEシリーズ

公開開始日:2016/01/30
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Addict 第7章 ー消したい悲しみー
次の日はいつも通り
窓から部屋に入った。

知らない誰かと間違われたくなんてないから。


臣)一緒に昼飯食べよ。
〇)……


懲りもせず顔を出す俺に
少し呆れたような困ったような表情を浮かべて
〇〇はいつものお茶を入れてくれた。


臣)今日は一回も居眠りしなかった!


空気が重くならないよう
わざと普通の話題を振る。


臣)偉くない?
〇)それは…褒めるところなの?
臣)そーだよ!w
〇)…ふふ
臣)英語の授業とか
  めっちゃ真面目に聞いたからね。
〇)…じゃあ…
臣)……
〇)次のテストは満点ね。
臣)えっ!!
〇)……
臣)それは…ちょっと…w
〇)ふふ…


〇〇は全然笑ってはくれないけど
でも少しだけ表情が和らぐ時があって

そんな顔を見ると
もう少しで笑ってくれそうな気がして
俺はすごく嬉しくなる。


臣)でも…俺が本当に満点取ったら
  どーする?
〇)え…?
臣)いっつも赤点ギリギリの俺が満点だよ?
〇)……
臣)もう奇跡だね。
〇)……


〇〇が俺の顔をじっと見つめた。


臣)もし満点取れたら
  〇〇がデートしてくれるとか。
〇)……
臣)そんなありがちなご褒美くれたら
  頑張るんだけどなーー
〇)……


やっぱり無反応。


臣)……絶対取ってやる。
〇)え…?
臣)満点取ってやるから。
〇)デートなんてしないわよ?
臣)いいよそんなん。
〇)……


なんか悔しくなっただけ。
絶対見返したい。


臣)そんなんなくても満点取ってやる。
〇)……
臣)……
〇)ふふ…
臣)なに。
〇)若いって…いいなぁって…
臣)何急に。
〇)ううん……


〇〇だってまだ若いくせに
なんでそんな遠い目をするんだろう。


臣)ねぇ。
〇)なぁに?
臣)このソファーすげぇ気持ちいいよね!
〇)……
臣)俺のお気に入り♪
〇)そう……
臣)こんな良いソファー置いてんの
  ここだけじゃない?
〇)……
臣)この間地学準備室行ったら
  穴開いてるボロソファーだったよw
〇)……


弁当を食べ終わった俺は
ソファーに深くもたれて
天井を見上げた。


臣)ずっとここにいたいなぁ……


独り言のようにそう言った俺の前に
〇〇がまた新しいお茶を置いてくれた。


〇)授業サボっちゃダメよ…
臣)違うよ。
〇)……
臣)授業サボりたいからじゃなくて…
  〇〇と一緒にいたいって意味。
〇)……
臣)少しでも一緒にいたい。
〇)……
臣)だから…
  ずっとここにいたいなぁって。
〇)……
臣)……


俺はソファーにもたれて
静かに目を閉じた。

〇〇といられる大切な時間。
この部屋は俺にとって天国みたいだ。


〇)眠たいなら…少し寝ていく?
臣)え…っ
〇)ここ倒せば…ベッドにもなるから。
臣)……


俺のお気に入りのソファーは
ソファーベッドだったみたいで

背もたれを倒そうとしてくれた
〇〇の手を掴んだ。


臣)いいよ。
〇)……
臣)一緒にいんのに寝るとか
  勿体なすぎる。
〇)……
臣)起きてるよ。
〇)…ふふ……
臣)……
〇)勿体ないの…?
臣)うん。
〇)バカね……


あ…
また少し柔らかい表情。

俺はそのまま手を握った。


臣)ほんとに…好きだよ…
〇)……


もう片方の手で
柔らかい頬にそっと触れる。


臣)〇〇……
〇)……
臣)キスして…いい?
〇)……ダメ。
臣)……
〇)……


キスできないかわりに
そのガラス玉のような瞳を
ただ真っ直ぐに見つめていると

目を逸らされた。


〇)そろそろ昼休み終わるわよ。
臣)……
〇)戻りなさい?
臣)……


また先生みたいな口調で机に戻る〇〇。

そんな言葉を無視して
ソファーに居座ってると

〇〇がゆっくり振り向いた。


〇)広臣。チャイム鳴るわよ?
臣)……//


普通に名前で呼んでくれたことが
無性に嬉しくて…

俺はすぐに立ち上がって
椅子に座ったままの〇〇を抱きしめた。


臣)また放課後、来るから。
〇)ダメ。
臣)えっ…
〇)次の英語、満点取るんでしょ?
  家に帰って勉強しなさい。
臣)……


自分で言ったことだし言い返せなくて
俺はその日はおとなしく家に帰って
本当に猛勉強した。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ