ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「おかえりぃー ユタカ~」
 私たちは、
人目もはばからず抱き合い
キスしていた。
彼もたまたま食材を買いに来ていて、
高級ステーキ肉などが、カゴに入っているのが見えていた。
「3枚? さんまいも買うの?」
「病院のごはんまずかったからさー」
「今日は私がすき焼きでもって思ってたけど、
 結局あなたに作らせちゃうみたい アハ」
「肉を扱うのは男の仕事。
 君も美味しそう。 うふふ」
 こっそり。そっと胸を揉んでくる彼。
「あぁん おばさんが見てるぅ」
「寂しかった…」
「私もぉ」
 心がキュンって鳴り、
この精肉コーナーで、
押し倒して欲しいと願っていた…。


 車で家に帰り、
我が家のドアを開けると、
「寂しかったよぉー」
 と、彼がいつものように儀式を強いる。
それは、とても素敵な、
二人だけの秘密の遊び。
だけど、ユタカ… 彼は、
私の真後ろに立っている!
仲良く手を繋ぎ、
帰って来たばかりなのよ?
『どーして家にも居る!!」
 目の前にいる彼と、背後の彼。
どう見ても、どっちもユタカ…
「双子?」
 思わず飛び出た言葉。
何も答えない男たちは、
あたりまえのように、
驚いている私にはお構いなく、
いつものことを、
いつものようにやりはじめた…。
ふたりして…。
スカートに潜り、あそこを責めるユタカ…
信じられない状況でも、
体は反応した…。
背後から抱かれ唇を奪うユタカ…。
「ぁん ねぇ 答えて。
 双子だったの? ねぇ
 あぁあああん」
 下のユタカは私を見上げニヤつき、
後ろのユタカは、
私のうなじから耳を責めはじめた。
「あぁああ」
 耳がとても、とても感じる私。
どちらも、私の気持ち良い部分。壷を心得ていて、
どちらが、はじめの彼なのか見分けが付かない…。
『3枚目のお肉。
 もう一人のためだったのか…』
 と、どうでもいいことを思い、
立っていられない私に、
ふたりのユタカが言った。
「今日からミィナは僕らのオモチャ♪ いいね?」
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ