ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「ん~ん~違う違う、素直に話してるだけだよぉ
 あなたに色々教えられて~
 素敵に女させてもらってるって思ってるよ」
「ほんと?」
「うん」
「じゃ。もう少し先に行こうか?
 まだ、気は変わらない?」
 ユタカはミィナを膝上に座らせると、
近くにあったボディシャンプーを少し出し
湯面から出た彼女の胸先を、
指先全部を使い、上下させた。
「ぁぁぁぁぁぁ」
指と指の間で起こる、
乳・首に当たる断続的な刺激とヌルヌルの快感。
ビクビク揺れるミィナ。
彼は彼女の腰を浮かせ、
腰を近づけた。
「またそのはなしぃ~
 ダメそれはいや…絶対無理!
 ダメッたらだめ!
 …私…」
 ミィナは応じないわよとでも言うような素振りで、
バスタブから出ようとした。
「想像できない?」
「だって、やだやだやだ!
 あなたもするのでしょう?」
「アゥチ!」
 ミィナは怒ったぞと言う代わり、
ユタカの固くなった物をきつく握った。
そして、握ったままユタカを前に見るように座りなおし、
彼の腰を浮かせ…
毎日玄関でされることの全てを、
返していった。


 あれに触れながら足指を舐め、甘く噛み
バスタブの縁に片足を乗せ、
持ち上げるようにそこへ向かい
キスしていく。
「らってぇ」
ミィナはまともに喋れない。
口をすぼめては吸い、
舌を絡めお湯を潤滑液代わりに愛撫していく…
愛しくてたまらない彼のそこに、
頬を押し当て、
先を舌で刺すように刺激し、
サオをしごき、タマを口に含み転がす。
ユタカのあそこを
丁寧に丁寧に、
愛撫していく。
「すきすきすき
 アナタが。
 他の女とユタカがって考えただけで
 おかしくなる…
 私だけだけのユタカ!
 きっと私。あなたが浮気したら…」
「ら?」
 ユタカが聞く。
「スワッピングらんて考えちゃらめぇ~」
 私は別の言葉で返してあげた。


 ミィナの動きが早まる。
「ぁぁ いいよ ミィナ
 もっと、気持ちよくして
 ぁう ぅうう はぁ~」
 ユタカは舐められながら、
後の穴も弄られ悶えた。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ